90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

18

常盤貴子が上半身ヌードに!再放送すらNGなドラマ『悪魔のKISS』

ライター情報:こじへい

もう今年で44歳だそうです、常盤貴子。『愛していると言ってくれ』『みにくいアヒルの子』『ビューティフルライフ』など、数々の人気ドラマに出演し、90年代後半は“連ドラの女王”と呼ばれていました。2009年には長塚京三の息子で、俳優・演出家の長塚圭史と結婚。人妻の身となった今も、その美しさは衰え知らず。むしろ、年々磨きがかかっているような感すらあるのだから、大したもの。同時に、自身の美を鼻にかけることなく、プライベートでは関西弁を使用するとっつきやすい人柄から、芸能界や事務所後輩にもファンが多い“愛され女優”でもあります。

デビュー後しばらくは下積みが続いた常盤貴子


このように今や一流芸能人の常盤貴子にも当然、下積み期間があります。多くの女性タレントが「原宿でスカウトされて…」とか「オーディションで合格して…」とかいうカタチで、スターダムの切符を手に入れていくわけですが、彼女の場合は少し違います。
自分から芸能プロ・スターダストプロモーションの門を叩いて、売り込みをかけたのです。その心意気やよし。すぐに所属が決まり、かくして1991年の夏、女優としてデビューするに至りました。しかしもちろん、すぐに売れるわけはありません。最初の1年は、原宿の歩行者天国で路上ライブの司会やドラマの脇役などといった地味な仕事を、淡々とこなしていたといいます。

ドラマ『悪魔のKISS』、寺脇康文に胸を揉みしだかれる熱演を披露!


転機が訪れたのは、芸能界入りして2年目の1993年。

関連キーワード

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2016年5月8日 23時16分

コメント 18

  • あくまのきっす 通報

    再放送あったよ。例のシーンはカットされていたけどね

    113
  • 匿名さん 通報

    私は当時、中学生でしたから過激だなぁと思った記憶が。。でもその時からずっと憧れの存在というか素敵な女優さんだと今でもファンです。

    54
  • 匿名さん 通報

    そうか。下積みがあっての今なんだね。これからも活躍してほしいね。

    53
  • 匿名さん 通報

    たまたま見ていたけれど、美人な上、確か脱いでもグラマーだったような気がします、同世代としては今も昔も綺麗な人のままです

    8
  • 匿名さん 通報

    寺脇康文がグイ揉みしてたやつな。今の地上波じゃこういうエロで初っ端から一発カマし… みたいな手法は無理なんだろな。映画で、吉高由里子の蛇にピアス方式とかじゃないと難しいか。

    8
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!