90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

中村勘三郎・井上雄彦とも不倫?椎名林檎の「本能」的な恋愛遍歴

ライター情報:こじへい

「ずっと繋がれて居たいわ 朝が来ない窓辺を求めているの」

椎名林檎がこの歌詞を綴った佳曲『本能』を発表したのは、1999年のこと。看護師のコスプレ姿でガラスに正拳をかますPVは、彼女が“アヴァンギャルドな歌姫”であることを、世間へ強烈に印象付けました。
当時は、神秘のベールに包まれていた彼女の素性も、本楽曲から17年の時を隔てた2016年現在までには、かなり明らかになっています。その素性のひとつ、不倫愛を好むような“本能”を鑑みると、上記の歌詞は彼女の実体験を唄っているのだと解釈でき、妙にリアルです。

ギタリストと不倫交際の後、できちゃった結婚した椎名林檎


椎名林檎の不貞行為が初めて公となったのは、2000年のこと。妻子ある男性との路上キス現場を、雑誌『Friday』にキャッチされたときです。
その直後、彼とは別の男である、ギタリスト・弥吉淳二との不倫愛が発覚。2人は2000年11月に入籍し、翌年1月、自身のオフィシャルサイトで妊娠・結婚を発表。いわゆる“できちゃった婚”なわけですが、彼女は同サイトにてこんなメッセージを載せています。

「『出来ちゃった』とか云うのとは全く具合が異なります。私は、以前よりお付き合いさせて戴いていた男性と、『さあ、つくろう』と創造活動に勤しんだのですから。」

何とも林檎的世界観。さらにこの後、「本番たった一度で『よし、着床完了。』と思って居りました」と続きます。
しかしどんなに言葉を尽くそうが、不倫は不倫。

ライター情報: こじへい

中高生の頃はラジオのハガキ職人で、今はフリーライター。求人広告、映画・音楽・芸能関連のコラム、ほぼ経験の無い恋愛記事など、何でも書きます!

2016年6月5日 00時02分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!