90s

3分の熱戦を再現!スーファミソフト「ウルトラマン」の厳しすぎた条件

3分の熱戦を再現!スーファミソフト「ウルトラマン」の厳しすぎた条件
『ウルトラマン』画像はAmazonより

ウルトラマンの地球での活動時間は今も昔も3分と決まっている。実際にテレビでバトルシーンを見ていると、3分過ぎているんじゃない?と疑問を持つこともあるが、3分だ。そんなウルトラマンの緊張感あるバトルを忠実に再現したスーパーファミコンソフトがある。その名はもちろん『ウルトラマン』。

設定に忠実なアクションゲーム『ウルトラマン』


『ウルトラマン』は元作品の設定に非常に忠実なゲームだった。3分という時間制限の中で地球に現れる怪獣を倒さなければならないというルールは、プレイヤーにとってものすごいプレッシャーを与えてくれた。スーパーファミコン登場初期のゲームとしては、これほど完成度の高いソフトもそうなかっただろう。

高い緊張感の中繰り広げられるウルトラマンと怪獣のバトルは、自分がプレイしているときはもちろん、友だちがプレイしているのを横目で見ているだけで手に汗握ったものだ。

厳しすぎる条件に何度も泣かされたあの日


3分あれば余裕でしょという考えで『ウルトラマン』をプレイしてはいけない。なぜなら、怪獣を倒すにためには決まりごとが存在したからだ。それは、怪獣の体力を0にして“FINISH”の表示が出ている状態で、スペシウム光線を発射しなくてはいけないというものだった。そう、元作品でウルトラマンがいつも見せているように、トドメにスペシウム光線を撃つのだ。

ルールの字面だけを見れば簡単そうに見えるが、スペシウム光線を打つにはゲージを満タンまでためる必要がある。しかし、ゲージは時間経過でしか貯まらないうえ、体力も時間経過で少しずつ回復するという仕様だった。つまり、スペシウム光線を放とうとしている間に怪獣の体力が回復してしまい、倒せるチャンスを逃す事態が多発した。まさに子ども泣かせの鬼仕様だったのだ。あと一歩のところでタイムアップ…勝てない悔しさに本気で涙したことは今でも内緒だ。

あわせて読みたい

  • 「ウルトラマンコスモス」が図った路線変更とは?

    「ウルトラマンコスモス」が図った路線変更とは?

  • ウルトラマンと仮面ライダーの一度きりの夢コラボ! その背景に迫る

    ウルトラマンと仮面ライダーの一度きりの夢コラボ! その背景に迫る

  • ウルトラマンの人気復活 立役者は長野博とつるの剛士だった!

    ウルトラマンの人気復活 立役者は長野博とつるの剛士だった!

  • 携帯ゲーム機がダメな家庭もOK!スーパーゲームボーイの魅力を語る

    携帯ゲーム機がダメな家庭もOK!スーパーゲームボーイの魅力を語る

  • 気になるキーワード

    90s チョベリーの記事をもっと見る 2019年1月30日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「ファミリーコンピュータ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ファミリーコンピュータ」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「スーパーファミコン」のニュース

    次に読みたい関連記事「スーパーファミコン」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース