90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

0

90年代に始まる「新世紀エヴァンゲリオン」と宇多田ヒカルの歩み

ライター情報:空町餡子

90年代の「エヴァンゲリオン」


「新世紀エヴァンゲリオン」といえば、いまや若い世代でその名前を知らない人はいないほどの人気作品。現在も、映画の続編、マンガや小説、ゲーム、イベントなどで多く扱われている有名なアニメーションだが、その始まりは1995年のテレビアニメーションの放送だった。

その伝説的アニメ作品のテレビ初回放送時は、決して好スタートとはいえない。「新世紀エヴァンゲリオン」は、当時夕方の時間帯に放送されていたものの、全26回で視聴率が平均7.1%に落ち着き、結果としてはあまり期待されない状態だった。

しかしその放送後、再放送やビデオなどを通じて、少年少女達がパイロットとなり、聖書に登場する天使の名前をつけられた謎の敵「使徒」と戦う内容や、そのストーリー背景にもある"セカンドインパクト"という設定、 登場キャラクターたちの精神的な世界を映し出す実験的な手法などが徐々に話題になっていく。
その結果といえるのか、1997年、劇場版の公開直前に放映された深夜帯でのテレビ再放送は、高い視聴率を記録。その後、「新世紀エヴァンゲリオン」は第三代アニメとして爆発的なブームを起こすこととなる。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の主題歌を歌った宇多田ヒカル


2007年からは、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版新劇場版」として全4部の新しい映画シリーズがスタート。
これら「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」(2007年)、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(2009年)、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」(2012年)のそれぞれの劇場版主題歌として選ばれたのが、宇多田ヒカルだった。

ライター情報: 空町餡子

フリーライター。恋愛・カルチャー・食べものなどジャンルを問わず執筆。スイーツとモー娘。が好きなアラサー女子。1児の母。

2016年6月16日 06時02分

「90年代に始まる「新世紀エヴァンゲリオン」と宇多田ヒカルの歩み」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!