90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

1

「人間としては0点」芸人も嫉妬する鬼才とろサーモン・久保田の才能

※写真はイメージです

[拡大写真]

年2回開催される大喜利の祭典「IPPONグランプリ」(フジテレビ)。本戦出場をかけた「IPPONスカウト」でこの度、お笑いコンビ「とろサーモン」の久保田和靖(37)が見事にその切符を手にした。

「IPPONスカウト」は大喜利に秀でた芸人を発掘するプロジェクト。1252人の芸人が参加した「全国一斉大喜利ペーパーテスト」から選出された6名のうち、久保田がその頂点に立った。

第16回目となる「IPPONグランプリ」(11月19日21:00-)の本戦出場者は、ロバート・秋山、千原兄弟・千原ジュニア、ネプチューン・堀内、オードリー・若林、バカリズムほか、過去の優勝者5名を含む10名。そんな猛者のなかでも一際異彩を放つ久保田は、優勝を十分射程圏内に入れたダークホースと言えそうだ。

今回はケンコバをして「芸人としては100点、人間としては0点」と言わしめた “鬼才”久保田について振り返ってみよう。

とろサーモンの華々しい受賞歴


かねてから熱狂的なファンを抱える「とろサーモン」。次長課長や中川家、今田耕司や東野幸治ら先輩芸人にもファンは多く「舞台袖に芸人が集まる」と、同業者からの支持も厚い。

ボイスパーカッションとコサックダンスを得意とするツッコミ・村田秀亮(37)の安定感と、大物芸人をも唸らせるボケ・久保田がおりなす空気は、他に類をみない独自の世界を生み出してきた。
「すかし漫才」やビートボックス漫才をはじめ、漫才を終えようとする村田を阻止する「続行!」「継続!」、あえて噛みながらワーディングで展開させる手法、そのほか次長課長・河本も絶賛する久保田のアドリブの数々……などオールラウンダーの印象が強い。

関連キーワード

ライター情報: ヤマグチユキコ

コスメや恋愛ネタ、テレビネタを書いています♡ キャンドルをつけてリラックスするバスタイムが好き!

2016年11月18日 09時30分

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    お前がカス人間だよ。知ってるよ。

    8
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!