90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

5

不倫相手が自宅で自殺…女優・荻野目慶子の過去

※写真はイメージです

[拡大写真]

1990年4月30日、荻野目慶子(当時25歳)の自宅で、新進映画監督の河合義隆監督(享年43)が首を吊っているのが発見された。河合は間もなく死亡が確認された。

その後、河合は既婚者で子どもがあったことが判明。二人は不倫関係にあったのだ。
当時の報道によると、第一発見者は、地方のロケから帰宅した荻野目だった。河合は、キッチンとリビングの間のドアにマフラーをかけて首を吊っていたという。当時まだ20代の荻野目にとり、その衝撃は大変なものだったろう。

演技指導しているうちに関係が深まり…


荻野目と河合の出会いは、事件よりさかのぼること約5年、荻野目が20歳のころ出演していたドラマ「幕末青春グラフィティ・福沢諭吉」。二人の関係は、河合が荻野目に演技指導をしたことに始まり、徐々に親密になっていったという。
やがて、河合は彼女のマンションに通いつめるようになった。とはいえお決まりのごとく、まもなくその関係は河合の妻に知られるところとなり、しばしば修羅場が繰り返されるようになっていった。

河合の死後、警察による事情聴取で荻野目は、自分から別れ話を持ち出したこと、それに対し河合から「別れるぐらいなら死にたい」と言われたことを語ったという。不倫の関係は妻を巻き込み、ドロドロの愛憎劇の様相を呈した結果、悲劇的な最後を迎えた。
しかし半面、荻野目は修羅場が続く中にあっても、まるでそれをエネルギーに転換していったかのように仕事のほうは順調そのもの。

関連キーワード

ライター情報: せんじゅかける

下町は千住に住む昭和生まれのおばさんライター。もつ焼きとハイボールをこよなく愛す。好きな番組はマツコの知らない世界。

2016年12月3日 22時18分

コメント 5

  • かんぱち 通報

    暴かれたくないような過去をこうしてわざわざ記事にする必要があるのか。 事実だろうが何だろうが、何でも明らかにすればよいという物ではない。

    10
  • にしん 通報

    まるで谷崎潤一郎の小説の様な話だなw でも事実だ.

    9
  • けんまま 通報

    なぜ今頃なんの関係もないのに蒸し返す? 記事という名のもとになんでも書いていいとでも?

    9
  • 魔性 通報

    河合の奥さまが可哀そう、ってか舐められてる?結婚してるのは誰なんだ?

    6
  • なるみん 通報

    岡崎成実という医師と結婚したんだよね。 この人逮捕の過去有るよね…

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!