90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

1

アイドル同士の熱愛…「できちゃった婚」だった薬丸裕英

2017年1月12日 00時09分

ライター情報:せんじゅかける

写真はイメージです

[拡大写真]

1980年のアイドル全盛時代に活躍した者同士が結婚して、今では同窓会よろしく仲良くテレビ出演。家族ぐるみの付合い、その様子や夫婦の関係などを語るようになって久しい。
薬丸裕英と石川秀美のカップルもそのうちの一組だ。二人の結婚が決まったのは1989年。二人そろっての記者会見では、石川の妊娠も発表され「できちゃった婚」であることが判明した。

80年代の中高生を熱狂させた薬丸裕英と石川秀美


シブがき隊と聞くと、1981年放映の連続ものの学園ドラマ「2年B組仙八先生」とともに、青春時代の甘酸っぱい思い出の一つとして当時の熱狂を思い出す40~50代女性も少なくないだろう。
シブがき隊はそれぞれのキャラ付けも明確で「○○クンが私のなかではナンバー1」と、メンバーそれぞれのファンの好みがはっきりしていたのも特徴の一つだろう。特にリーダーは決めていなかったというが、いちばん先頭に立っている感があったのが薬丸裕英だろうか。

また当時は女性アイドルのデビューも花盛りで、「花の82年組」として小泉今日子・三田寛子・堀ちえみ・中森明菜・松本伊代・早見優・石川秀美らがいた。アイドル卒業後もそれぞれの道を歩み、現在も思い思いの分野で活躍中だ。

「同窓会」で出会って芽生えた恋心!?


芸能人同士でも付き合っていることや結婚することをオープンにする現代と違い、80年代のアイドルといえば、ファンたちにとって神聖なる存在。男女の関係や結婚など、人間の男女としての生なましい部分を露出することはタブーとされていた。

ライター情報: せんじゅかける

下町は千住に住む昭和生まれのおばさんライター。もつ焼きとハイボールをこよなく愛す。好きな番組はマツコの知らない世界。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    薬丸&秀美は6ヵ月で入籍 安定期を待ってと言うよりは薬丸が結婚を渋っていた感じ アイドル同士言うけど2人とももうアイドルとは言えない時期 秀美が結婚会見の時安堵感が伝わってきて可哀想だった

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!