90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

2

90年代を感じる「まぼろしのドリンク」4選【90年代前半編】

毎年、リニューアル等を含め2,000種類もの新商品が登場するという清涼飲料業界。
しかし、ヒットするのは1,000品投入された内、わずか3品程度しかないという。「センミツ」と呼ばれるほどに生存競争の厳しい業界なのだ。

大物芸能人のCM起用により鳴り物入りで登場しながらも、いつの間にか消えていた。そんな商品は山ほどある。中でも、筆者の思い出に強く刻まれた90年代を代表するドリンク4選をここで紹介したい。

たけしがアジるCMが印象的だったカフェイン2倍コーラ


■UCC『ジョルトコーラ』

アメリカ発の商品であり、1990年に日本ではUCC(上島珈琲)より発売となる。
最大の特徴はカフェイン2倍。コカ・コーラが築き上げてきた「スカッと爽やか」なイメージを覆す、キツめの炭酸でシビれる辛口が売りであり、毒々しささえ感じる刺激的な味わいだった。

パッケージデザインも、洗練されたコカ・コーラに対して、荒々しいグラフティ調でワイルドさを強調。さらに、ビートたけしがCMキャラクターを務め、新たなコーラの誕生を強くイメージ付けた。
当時のたけしは、前年に『その男、凶暴につき』で初の映画監督を務め、よりマルチな活躍をし始めた時期。映画で見せたバイオレンスな姿のインパクトは十分であり、商品コンセプトである「過激なコーラ」のイメージが猛スピードで浸透して行く。
※写真はイメージです

CMは、ビートたけしが「ジョルト党」を立ち上げ、その党首となったたけしがジョルト党の党則を勢いよく叫んで行く設定。

ライター情報: バーグマン田形

「一般社団法人 日本ハンバーグ協会」理事長。ハンバーグ以外にもプロレス、ファミコン、少年ジャンプ、80&90年代カルチャーが好物。

URL:Twitter:@tagatatomoyuki

2017年3月3日 00時01分

「90年代を感じる「まぼろしのドリンク」4選【90年代前半編】」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    サントリーのSASUKEは?と思ったらアレは80年代だった

    1
  • 匿名さん 通報

    ぜんぜん覚えてなかった…w

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!