90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

1

小室哲哉作品がオリコンチャートTOP5を独占した日

90年代の音楽シーンを語る上で欠かせない小室哲哉の功績。ブームがピークにあった96年の“異例の大記録”をご存知だろうか?
こちらをご覧いただきたい。

【96年4月15日付けのオリコンシングルチャート】

1位 安室奈美恵『Don't wanna cry』
2位 華原朋美『I'm proud』
3位 globe『FREEDOM』
4位 dos『Baby baby baby』
5位 trf『Love&Peace Forever』


そう、小室プロデュース作品が上位5曲までを独占しているのだ。しかも、異なるアーティストで!
天才クリエイターであることを決定付ける大記録、当時の記憶とともに振り返りたい。

1位 安室奈美恵『Don't wanna cry』


ノリノリのダンスチューンでヒットを連発して来た安室が挑んだ新境地。
R&Bを意識したミディアム・テンポな楽曲でさらなるファン層を獲得し、ティーンエイジャーのカリスマから、ディーバへの転換を計り始めた時期となる。
『Don't wanna cry』

ダイドードリンコの新・柑橘系飲料『mistio』のCMソングに使われ、本人もダンスを披露していたが、茶髪のロングヘア、小麦色の肌、細い眉に濃い目のメイク、厚底ブーツにミニスカート。まさに教科書通りの「アムラー」スタイルだった。そう、「アムラー」が「流行語大賞」トップ10入りしたのはこの年である。

この曲で、この年の日本レコード大賞を最年少(19歳)で受賞。紅白では第2部のトップバッターを務めている。

ライター情報: バーグマン田形

「一般社団法人 日本ハンバーグ協会」理事長。ハンバーグ以外にもプロレス、ファミコン、少年ジャンプ、80&90年代カルチャーが好物。

URL:Twitter:@tagatatomoyuki

2017年3月10日 00時01分

コメント 1

  • 日本崩壊 通報

    小室・エイベックス・安室・浜崎により日本の音楽シーンが不良化。その影響を受けた音楽業界は現在まで不良音楽を量産、成れの果てが西野カナである。日本人の民度は低下し、日本はアジアの負け組となった。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!