90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

13

ジャンプの伝説打ち切り漫画『サイレントナイト翔』とは?

2017年3月18日 00時02分

ライター情報:バーグマン田形

「サイレントナイト翔」

[拡大写真]

今年の少年ジャンプは、かなり攻めの姿勢。なんと、6週連続で新連載がスタートしたのだ。これは今世紀になって初めてのチャレンジ。長期連載が次々と終了して行く中、次世代の看板作品を作ろうと模索中のようである。

ジャンプがアンケート至上主義なのは広く知られたところ。読者人気が落ちれば、アニメ化されたような人気作品であっても打ち切って新連載を投入して行く。この姿勢はジャンプの伝統であるが、ひと昔前は本当に容赦なかった。
大ヒットを飛ばした大御所先生であっても、コケたら即打ち切り。過去の実績で連載がプロテクトされないのが通例だった。

30年以上に渡って少年ジャンプを買い続けている筆者にとって、特に印象深い打ち切り作品が『サイレントナイト翔』。アニメ化もされ社会現象になるまで大ヒットした『聖闘士星矢』の後を受け、92年35号から連載が始まった車田正美先生の作品である。

『サイレントナイト翔』のストーリーとは?


人間のDNAにはまだ未知の領域が95%もあり、その部分は過去の進化の過程を記憶している。だから、生命の根源(ルーツ)に目覚めることで、動物や恐竜の能力を身に付けた姿に進化=「エボリューション」を遂げる。その能力に覚醒した少年・翔が、旧人類(一般人)抹殺を企む、神人類(エボリューション可能な選ばれし人類)による謎の組織「ネオ・ソサエティ」に戦いを挑む物語。

中2心をくすぐりまくりの設定がたまらない。
第1話早々、暴走族に絡まれた主人公が「爆裂拳―ッ!!」と叫ぶやいなや、取り囲んだ不良たちが四方に吹っ飛ばされるのだが、どんなアクションかは図解なし。

関連キーワード

ライター情報: バーグマン田形

「一般社団法人 日本ハンバーグ協会」理事長。ハンバーグ以外にもプロレス、ファミコン、少年ジャンプ、80&90年代カルチャーが好物。

URL:Twitter:@tagatatomoyuki

コメント 13

  • 絵がな 通報

    絵がヘタくそ。頭に入らない。

    9
  • 匿名さん 通報

    伝説って言ったもん勝ちだな。当時ジャンプ読んでたけど全然印象ねーよ。

    7
  • 匿名さん 通報

    聖闘士星矢そのものが打ち切り。2番煎じ、3番煎じで続くわけがない。

    6
  • 匿名さん 通報

    攻めの姿勢って、単に不評漫画が多いだけでしょ?

    5
  • 匿名さん 通報

    女性聖闘士のストリーで車田正美も関わってる(原作だったか監修だったかは忘れた)「セインティア翔」とかってのもあるよね。ネタの使いまわしと言うかなんというか・・・?

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!