90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

2

『キン肉マン』史におけるターニングポイント「マッスル・リターンズ」とは?

2017年10月17日 11時00分

ライター情報:バーグマン田形

『格闘エース』(※著者撮影)

[拡大写真]

近年、昭和の全盛期を超える勢いで盛り上がり続ける『キン肉マン』。

初代の続編がウェブで無料連載中なのだが、更新直後の月曜深夜(日曜24時)のネットの沸き方には物凄いものがある。
Twitterのトレンドに「ティーパックマン」やら「カナディアンマン」やらのワードが並ぶなんて、前シリーズの「完璧超人始祖編」とはまた違ったベクトルで意表を突きすぎである。

ファンの間では『キン肉マン2世』との繋がりがあるのか議論されがちだが、現時点では作者のゆでたまご先生でさえも結論を出していないのではないか?
特に、整合性でいえば、現在のシリーズから『2世』の間の出来事とされる「マッスル・リターンズ」の扱いがもっとも困難な気がする。

しかし、この作品こそが現在の復活劇へのターニングポイント。
初代と復活シリーズの間に当たる37巻の読み切り集に掲載された異色作だが、元々は角川書店(現KADOKAWA)発行の『月刊少年エース』の増刊号『格闘エース』が初出となることをご存知だろうか?

『キン肉マン』の復活はなぜ「ジャンプ」ではなかったのか?


95年末に発売された『格闘エース』には、プロレス&バトルゲームに特化した14作品が掲載されたが、その目玉企画が復活した『キン肉マン』だった。

当時のゆでたまご先生は、『少年エース』で(とんでも)グルメ漫画の『グルマンくん』を連載中だったが、よほどの漫画好きでなければ過去の人といった印象。
ジャンプで3アウトの打ち切りをくらい、他誌での連載も鳴かず飛ばず。

関連キーワード

ライター情報: バーグマン田形

「一般社団法人 日本ハンバーグ協会」理事長。ハンバーグ以外にもプロレス、ファミコン、少年ジャンプ、80&90年代カルチャーが好物。

URL:Twitter:@tagatatomoyuki

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    そんな経緯があったとは知らなかった。こないだ始まった新シリーズも面白いが、なるべく休載しないでほしい。

    1
  • 匿名さん 通報

    それほど休載が多いわけではないです。通常の週刊連載が合併号となっているとき(もしくはその代休)以外の休載はあまり無いのに、単行本作業なども大変たと思うので、安易に「休載しないで」など書かないでほしい。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!