90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

5

鳥山明が認めた! 天才が描くジャンプ異色の偉人漫画とは?

2017年11月13日 10時00分

ライター情報:バーグマン田形

(※画像は筆者撮影)

[拡大写真]

今年、生誕150周年を迎えた世界的な博物学者、南方熊楠(みなかた くまぐす)。

19カ国語を操り、生物学、民俗学、天文学、考古学などなど、様々な分野にも確かな足跡を残した“知の巨人”である。
また、異常な癇癪持ちだったり、多汗症ゆえに全裸でいることを愛するなど、奇行やエキセントリックなエピソードにも事欠かない、語れる要素の多い変人でもあった。

この魅力的な偉人は91年の没後50周年前後にもちょっとしたブームとなっているが、筆者としてはその流れに少年ジャンプが乗ったことが忘れられない。

『てんぎゃん』の前の作品も超異色作『恐竜大紀行』


90年50号から始まった『てんぎゃん-南方熊楠伝-』。熊楠の生涯を描いた実録漫画だ。「てんぎゃん」とは天狗のこと。その天狗が登場するなど、ファンタジックな色付けもされている。
作者の岸 大武郎先生は、前作『恐竜大紀行』に続き、またも異色作でのチャレンジとなる。

88年に連載された『恐竜大紀行』は、多感な時期のジャンプ読者に絶大なインパクトを残した作品。筆者と同じアラフォー世代なら、ご記憶の方は多いのではないか?

タイトル通りに恐竜の話なのだが、これがリアルに恐竜しか登場しないのだ。
人間がタイムマシンで恐竜時代にとか、『ジュラシックパーク』のように現代に恐竜を復活させたとかではない。恐竜がいた時代の日常をリアルに切り取った物語であり、漫画ならではのディフォルメ要素もなく、絵柄もあくまでリアル。

ライター情報: バーグマン田形

「一般社団法人 日本ハンバーグ協会」理事長。ハンバーグ以外にもプロレス、ファミコン、少年ジャンプ、80&90年代カルチャーが好物。

URL:Twitter:@tagatatomoyuki

コメント 5

  • 匿名さん 通報

    てんぎゃんで南方熊楠の存在を知りました。てんぎゃん好きだったなぁ。

    4
  • 匿名さん 通報

    読者アンケなんか一度も出した事が無い。参考にされてるとも思ってなかった。

    1
  • 匿名さん 通報

    当時高校生でしたが、恐竜大紀行もてんぎゃんも好きでした。

    1
  • 匿名さん 通報

    朝から並んで買ってた世代だけど、ごめん全然覚えてないわ。

    0
  • 匿名さん 通報

    自分はヤングなんでGON世代です。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!