s90

大人向けすぎた仮面ライダー「真・仮面ライダー」のリアルな設定

大人向けすぎた仮面ライダー「真・仮面ライダー」のリアルな設定
画像はAmazonより

今も昔も、仮面ライダーは子どもたち憧れのヒーローだ。筆者が子どもの頃は『仮面ライダーBLACK』、それに続く『BLACK RX』に憧れを抱いていた。

生誕20周年記念企画のVシネマ


89年に『仮面ライダーBLACK RX』の放送が終了すると、平成ライダーと呼ばれる『仮面ライダークウガ』の放送がスタートするまでの11年間、テレビで仮面ライダーシリーズが制作、放送されることはなかった。

しばらくの間テレビから離れていた仮面ライダーだが、その間にも仮面ライダーはオリジナルビデオ、映画には登場している。なかでも、92年に仮面ライダー生誕20周年を記念してオリジナルビデオ作品として制作された『真・仮面ライダー 序章』に登場する仮面ライダーシンは、ライダー史上最も異色の仮面ライダーだった。

大人向けという罠


仮面ライダーは仮面をかぶった正義のヒーロー。大人に教わるまでもなく子どもは自然と理解している。だから『真・仮面ライダー』を見るまでは、当然ながら『真・仮面ライダー』の主人公も同じだと思っていた。

しかし、実際は違った。

物語冒頭、怪しい影の犠牲になる女性、仮面ライダーではよくある光景だ。しかし、これまでの仮面ライダーと違ったのは、人間が襲われるその描写がやけにリアルだったこと。下着をあらわにしながら殺される女性、のどを切られ、血しぶきをあげながらバタバタと地に伏す警察官、殺戮の限りを尽くすバッタ怪人。しまいには裸体まで出てくる同作は、これまで見てきたどんな仮面ライダーとも違うリアルさがあった。そう、早い話が『真・仮面ライダー 序章』は大人向けだったのだ。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース