0

子どもたちが雑木林を駆け回って過ごす、長久手市「もりのようちえん」

2014年4月10日 16時00分 (2014年4月12日 10時10分 更新)

里山の風景を残しながら、名古屋市のベッドタウンとして発展する愛知県長久手市。2005年に愛・地球博が開催された場所としても知られる。ここ長久手市に、子どもたちが一日中雑木林の中を駆け回って過ごせる幼稚園、「もりのようちえん」がある。幼稚園児をもつ母として、興味津々で取材に出掛けた。

大人から隠れて、雑木林でひたすら自由に遊べる幼稚園

「もりのようちえん」を運営するのは、学校法人吉田学園。社会福祉法人愛知たいようの杜の系列施設で、目指すのは、さまざまな世代が共に暮らし、生きる雑木林のようなコミュニティだ。
愛知たいようの杜の事務所を訪れると、隣りにある「もりのようちえん」の園庭からは、子どもたちの「キャー!」「ワー!」という元気な声が聞こえてくる。野外で各自がそれぞれに楽しみ、テンションが上がっている様子はまるで遠足のよう。これがこの幼稚園の日常だ。

「もりのようちえん」は、恵まれた自然環境のなかで多世代と交流する「ゴジカラ村」の一つとして、1992年に設立された。「ここでは何かを教えるのではなく、何も教えません。創立者の吉田一平は、幼児期の子どもにとって、自然のなかでただひたすら自由に遊ぶことが大事だと考えているからです」と愛知たいようの杜の大須賀理事長。

現在210名の園児が在籍し、年少から年長までの園児が混合の縦割りクラス。決められたカリキュラムはなく、登園から降園時間まで、園庭や敷地内の雑木林で自由に遊んで過ごすことができる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!