0

秦 基博 映画『天空の蜂』主題歌の新曲「Q & A」でこの時代に問うものとは?/インタビュー

 

■New Single『Q & A』インタビュー(1/2)

「曖昧なものの間で揺れている中で結局どうするのか、自分たちは何を選択するのか」(秦)

秦 基博の新曲「Q & A」がリリースされた。これは9月12日公開の映画『天空の蜂』の主題歌として書き下ろされたもので、秦が映画主題歌を担当するのは「ひまわりの約束」(映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌)、「水彩の月」(映画『あん』主題歌)、そして今作と、3作連続となる。前作、前々作と異なるのは、聴こえてくるサウンドはアグレッシブで、歌詞も突き刺さるように鋭いということ。映画が描くテーマも含め、ある種の社会性を感じざるを得ないこの楽曲は、リスナーの心を捉え、揺さぶるに違いない。不確かさや曖昧さが蔓延するこの時代に、秦 基博が問うものとは――?
(取材・文/片貝久美子

答えがまずそこにあるはずなのに、もう一回問う。それがこの曲なのかな

――新曲「Q & A」は映画『天空の蜂』の主題歌ですが、制作はどの段階からスタートされたんですか?

秦 基博(以下、秦):僕のところに話が来た時にはすでに映画も完成していたので、映像を観て作りました。でも実は、楽曲のモチーフというか、デッサンみたいなもの……こういうサウンドで、こういう曲調でっていうのはもともと持っていたんですよ。映画を観た時に、あのイメージを完成させたら合うなっていうのがあって。それからメロディーを練り、歌詞を書いていきました。

関連キーワード

2015年9月13日 22時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!