0

清水翔太 あくまで歌は自分をどう表現するかのツール/インタビュー2

2018年1月24日 17時00分
 

清水翔太/24thシングル『Good Life』インタビュー(2/3)

――インタビュー1より

いい歌を歌いたい、綺麗に歌いたい、歌がうまいっていうとこを見せたい、みたいな感情は以前よりは少なくなりました。

──そういうことが歌詞の背景にあるからでしょうが、今回の曲は本当に歌詞がストレートに入ってきますね。

翔太:前は作ってるときに、もう少しみんなの想いとか、みんなが求めてるものをイメージすることが強かったんですけど。今は自分が何を思うかってことを書いているので、そういうことも影響してるのかもしれない。だからどういうサウンドで、どういう表現方法でやるかっていいことが前より重要になってきてますね。

──サウンドのスタイルと歌詞との兼ね合いが、ですか。

翔太:そうですね。僕が今一番気にしているのは、サウンドと歌詞の深さや重さが両立できてることなので。そう思うとR&Bって、日本語の響きとあまり合わないんですよね、そもそもスムースであることがすべて、という音楽のスタイルだから。でもヒップホップだとね、伝える方法はいっぱいある。だから最近はこういうヒップホップな感じの曲が多くなってきましたね、そのほうが表現の幅が広がるから。

──それだけ歌詞で伝えたい、という気持ちが強くなってきたんでしょうね。

翔太:そうですね、言葉も「僕」から「俺」に変わったし。前は、なるべくいろんな人が共感できて馴染みのいいものって考えてたから、「俺」より「僕」のほうがよかったんですね。

関連キーワード

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!