0

清水翔太 「今『ヒーリングミュージック』が自分の中でキーワードになっている」/インタビュー2

2018年5月15日 16時00分
 

■清水翔太/シングル『Friday』インタビュー(2/3)

――インタビュー1より

R&Bをやってもヒップホップをやってもヒーリングミュージックだって最終的に言えるってカッチョいいなと思って

――2ヴァース目に出てくる<RiRiとA$AP>という歌詞は、RiRiはリアーナのことで、A$APはエイサップ・ロッキーのことですよね。二人は5年ほど前にウワサになったカップルですが、なぜ彼らを今、引き合いに出したんですか?

翔太:これは「My Boo」の<アラジン、ジャスミン>と一緒なんですけど、<アラジン、ジャスミン>は自分が最初に観たディズニー映画で憧れの理想の男女像。それをホンモノの人間に置き換えたときに、パッと浮かんだ理想の男女像が「Fashion Killa」のときのエイサップとリアーナだったんです。あのMVを見たときの「うわ、お洒落な二人だな」っていうのを超える憧れの男女は、僕の中にまだいないから。あんなふうにお洒落にありたいっていうのがすごくあるんです。

――MVといえば、「Friday」のビデオでは東京のいろんな街でロケ撮影していますね。

翔太:結構行きましたね。新宿のゴールデン街とか歌舞伎町、渋谷のセンター街、スクランブル交差点、明治通りにかかる歩道橋の方。あとは丸の内にも行ったし、お台場にも行ったし。

――ロケ地は自分からもアイデアを出したんですか?

翔太:出しました。最初はオシャレな感じの場所がアイデアとして出されていたんです。

関連キーワード

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!