0

超特急 “8号車の日”にテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『ヒモメン』主題歌をリリース/インタビュー前編

2018年8月13日 12時00分
 

超特急/8月8日にシングル『Jesus』をリリース


春のアリーナツアーで自らの限界を飛び越えて見せた、メインダンサー&バックボーカルグループ超特急。彼らのファンの愛称、8号車にちなんで8月8日は「8号車の日」と呼ばれているが、彼らがその特別な日にニューシングル『Jesus』をリリース。表題曲は、人気と実力を備えた俳優の窪田正孝が主演するテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『ヒモメン』主題歌に決定。愛する人を見守ることと働かないことに全力を傾けるという破天荒な主人公を、超特急は歌とダンスで全力で応援する。本インタビューではシングルへの真摯な思いはもちろん、MV撮影の秘話や夏のとっておきのエピソードまでたっぷりと語ってくれた。
(取材・文/橘川有子)

「Jesus」はダークさとピュアさのバランスがいい曲

――15thシングル『Jesus』が8月8日、8号車さんの日にリリースされましたね?

タカシ:はい。僕らを応援してくださる8号車さんの日に、大きなドラマ主題歌を発表できるので素直に嬉しいです。偶然にもこの日にリリースできることになったんですよ。

カイ:僕らにとってはラッキーだしハッピーなこと。この曲は「窪田くん主演のドラマ主題歌になるんだよ」ってスタッフさんから教えてもらったと同時に、曲も聴かせてもらったので2倍の嬉しさがありました。

リョウガ:出だしは爽やかでキャッチーな感じだったので、「王道の曲ポップスなのかな」と思ったら、途中で和風のラップみたいなのが始まり……、「なんだこれ?」って衝撃を受けました。

タクヤ:僕も「なんだこれ」って思った。

リョウガ:ただ、ドラマ主題歌ということで、8号車以外の方も聴いてくださる機会になるだろうし、たくさんの方に楽しんでもらえる曲なればいいなと。

ユーキ:変わっているのはむしろ超特急らしいと思うんですよ。サビの部分はキャッチーで耳に残るし、ドラマの主題歌ということもあり、普段の超特急なら歌わないような世界観を表現することもできたのかなと。ダークさとピュアさのバランスがいい感じだと思いました。

関連キーワード

「超特急 “8号車の日”にテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『ヒモメン』主題歌をリリース/インタビュー前編」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!