今注目のアプリ、書籍をレビュー

4

iPhoneXSは買いなのか、超ていねいに検証、ポートレートモード使い込んでみた

2018年9月25日 08時00分 ライター情報:杉村啓
2018年9月21日にAppleよりiPhone XS/XS Maxが発売された。今回はiPhoneXSのゴールド(256GB)を購入し、実際に3日ほどあれこれ使ってみたのでレビューしたい。
公式ページより。画面の「黒」の美しさを謳っているためか、黒が基調となっている

なお、今回はiPhone 7からiPhone XSへの機種変更をしたため、iPhoneXを使っていたわけではないということをご了承いただきたい。また、普段は主にiPhoneをSNS、ゲーム、地図、読書、メモ、カメラに使用している。撮る対象は主に料理や醤油やお酒や景色やいけず石で、人はあまり撮っていない。

これだけスマートフォンの使い方が多様化されている中で、どのように使っている人が書いたのか、視点が明らかになっている方が参考になりやすいと思うからだ。

移行時の注意


iPhoneのデータ移行は、基本的にはiTunesなどで「暗号化バックアップ」が簡単だ。パスワードなどもそのまま移行してくれるため、貴重なゲームのデータも引き継ぎをしないで移行できることが多い。

ただ、今回は結構失敗している人が多いようだ。原因の一つは、OSのバージョン。
接続をするためにはMacだったらMac OSX High Siera(10.13)以降、iTunes12.8以降、iPhone側はiOS12.0以降が必須となる。Adobe製品などの関係でMacのバージョンを上げられない人が、はまったりしているようだ。

さらに、バックアップをとるために、初期バックアップにはデータと同量以上の容量がどうしても必要になる。これは、データを暗号化処理するため、どうしても空き容量を必要とするためだ。

そのため、
・最新の状態になっていない
・容量が足りない
環境で、接続を失敗したり、バックアップを取るのに失敗したり、データ移行に失敗している人が出ている。

この辺の解決方法は、OSのバージョンを最新にしたり、容量の大きいHD/SSDに交換したりするのが一番といえば一番だが、iCloudの容量を大きくするという手もある。200GBだと月400円(200GB以上ある人は2TBプランで月1300円)にして、バックアップおよび移行作業が終わったら元に戻せばいい。

また、ApplePayのデータは暗号化バックアップでは移行されないことにも注意したい。移行する場合には、古い方の機種でカードを削除するとそのデータがiCloudに退避されるので、新しいiPhoneでWalletアプリを起動し、カード新規追加ボタンを押すとiCloud上のカードを選択できるようだ。

ライター情報

杉村啓

醤油と日本酒と料理漫画とその他諸々をこよなく愛するライター。なんでも超丁寧に解説します。近著に『白熱日本酒教室』(星海社)、『醤油手帖』(河出書房新社)ほか。

URL:醤油手帖

「iPhoneXSは買いなのか、超ていねいに検証、ポートレートモード使い込んでみた」のコメント一覧 4

  • 匿名さん 通報

    毎回新しいのが出る度カメラ性能が~って広告打つけど、それコンデジで良くね?って思うわ。スナップ写真程度ならスマホでもいいけど、ちょっといい写真撮りたいっていうなら普通にカメラ買えばええやん

    4
  • 匿名さん 通報

    新機種が出るたびに思うよ。ガラケーでいいって。 その性能、機能が実生活で必要な人はどれほどいるんだろう???

    1
  • 匿名さん 通報

    ダサい箱だな。もっとシンプルにできなかったのか?

    0
  • 匿名さん 通報

    今のiPhoneって左がマイクで右がスピーカーじゃなかった?

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!