今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

TIF2018を徹底的に振り返る。パンク、ゲリラ、覆面アイドル…間口の広さも日本最大

2018年8月9日 09時45分 ライター情報:近藤正高
日本最大級のアイドルフェスティバルTOKYO IDOL FESTIVAL 2018(TIF)が、去る8月3日から5日までの3日間、東京のお台場・青海周辺エリアで開催された。
今年もSMILE GARDENでオープニングアクトを飾ったももいろクローバーZの佐々木彩夏

夏の恒例イベントとして定着したTIFも今年で9回目を迎え、参加するアイドルは207組1315名におよんだ。なかには、AKB48グループのように、国内6グループ(AKB本体からはTIF2018選抜、フレッシュ選抜、Team8が出演)およびタイのBNK48を一挙に送り込んできたところもある。そうした複数のグループが参加したファミリーのなかでも、今回とくに私が強い印象を受けたのが、BiSHをはじめとするWACKファミリーだ。

ファミリー内でのグループ同士の結束


BiSHは一昨年、昨年とTIFに出演し、いずれの出演時も代表曲「星の瞬く夜に」を6回立て続けに披露したが、今年は5回繰り返したあと、6曲目に意表を突いて「Buttocks beat!beat!」という曲を持ってきた。「お尻ペンペン!」という掛け声が強烈な同曲は、じつは所属事務所WACKの後輩のEMPiREの曲である。
激しくヘッドバンキングを決めるBiSH

面白かったのは、EMPiREのほうも、2日目のフジテレビ本社屋1階広場のDREAM STAGEで、持ち歌の「Buttocks beat!beat!」を4回繰り返したあと、BiSHの「星の瞬く夜に」を披露したことだ。まるでエールを交換するように、互いの曲をラストナンバーに選んだというわけである。なお、EMPiREは昨年デビューし、今年4月に初のフルアルバムをカセットテープオンリーでリリースしている。TIFへの出演は今年が初めてだった。
日が暮れるなか熱いパフォーマンスを繰り広げたEMPiRE

なお、2日目には、やはりWACKファミリーのBiS1stBiS2ndがHOT STAGEであいついでライブを行なっている(両グループはもともとBiSという同じグループだったのが、今年6月より1stと2ndに分かれて活動中)。ステージでは1stも2ndも「BiSBiS」を繰り返し披露したあと、ラストは1stが「GANG2」、2ndが「Plastic 2 Mercy」という曲で締めた。2曲とも、同じ事務所のGANG PARADEのカバーだ。
ルックスからして個性派ぞろいのBiS2nd

BiSH、BiSの1stと2nd、EMPiREと、ひとつの曲を繰り返し披露したあとで、互いの曲をカバーするというスタイルを共有したあたり、ファミリー一丸となっての“総力戦”という趣きがあった。

ライター情報

近藤正高

ライター。1976年生まれ。エキレビ!では歴史・科学からドラマ・アイドルまで手広く執筆。著書に『タモリと戦後ニッポン』(講談社現代新書)など。愛知県在住。

URL:Culture Vulture

「TIF2018を徹底的に振り返る。パンク、ゲリラ、覆面アイドル…間口の広さも日本最大」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!