ソフトバンク、PayPayドームのスマートスタジアム化に向けた実証実験を実施 スマホに応援コンテンツを一斉に表示させる演出などが提供可能に
ソフトバンクは、4月3日と4日に福岡PayPayドーム(以下、PayPayドーム)で開催された福岡ソフトバンクホークスのホーム開幕戦において、マルチセンサーとマルチネットワークを活用したARナビゲーションとリアルタイムAR演出の実証実験を実施し、成功したと発表した。

今回の実証実験の成功により、今後、大規模なスタジアムやアリーナにおいて、座席や部屋まで精度の高いARナビゲーションや、来場者のスマホなどに応援コンテンツを一斉に表示させる演出などの観戦体験の提供が可能になるという。


ソフトバンクは、今回の実証実験で得られた知見を活かして、PayPayドームのスマートスタジアム化を促進し、観戦体験のさらなる向上を目指すとしている。

■実証実験の概要

今回の実証実験では、以下の2つの技術を検証。実験に当たり、ARアプリをインストールしたスマホを有線で接続したXREAL社のARグラス「XREAL Light」を参加者に装着してもらったという。

(1)VPS(※)とBLE(※2)によるマルチセンサーを活用したARナビゲーション

課題:屋内施設における位置測定の精度向上
検証内容:VPSとBLEを組み合わせることで、屋内でも精度の高い位置情報を測定できるか
結果:参加者は、ARグラスを通してホークファミリーとハイタッチしながら、目的地であるスーパーボックスまでスムーズにナビゲーションを利用できた。VPSとBLEを組み合わせることで、似たような景観が続く屋内であっても速やかに精度の高い位置情報を測定できることを実証。

ソフトバンク、PayPayドームのスマートスタジアム化に向け...の画像はこちら >>
VPSとBLEによるマルチセンサーを活用したARナビゲーションの様子
ソフトバンク、PayPayドームのスマートスタジアム化に向けた実証実験を実施 スマホに応援コンテンツを一斉に表示させる演出などが提供可能に
実証実験の構成(2)4G/5GネットワークとBLEによるマルチネットワークを活用したリアルタイムAR演出

課題:複数のデバイスへのリアルタイムAR演出配信
検証内容:4G/5GネットワークとBLEを組み合わせることで、複数のデバイスが同時に演出開始信号を受信できるか
結果:参加者は、試合の5回裏終了後に、ARグラスを通してリアルタイムにグラウンドでのAR演出を楽しむことができた。
4G/5GネットワークとBLEを組み合わせることで、複数のデバイスが同時に演出開始信号を受信できることを実証。

ソフトバンク、PayPayドームのスマートスタジアム化に向けた実証実験を実施 スマホに応援コンテンツを一斉に表示させる演出などが提供可能に
4G/5GネットワークとBLEによるマルチネットワークを活用したリアルタイムAR演出の様子
ソフトバンク、PayPayドームのスマートスタジアム化に向けた実証実験を実施 スマホに応援コンテンツを一斉に表示させる演出などが提供可能に
実証実験の構成※1 カメラからの画像情報を通して、デバイスの位置や向きを測定する技術。