佐久間P、『キングオブコント2021』決勝を振り返る「空気階段が図抜けたネタだったなって」

佐久間P、『キングオブコント2021』決勝を振り返る「空気階段が図抜けたネタだったなって」
拡大する(全5枚)

10月6日(水)深夜、テレビプロデューサーの佐久間宣行がパーソナリティを務めるラジオ番組「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週水曜27時~28時30分)が放送。同月2日に行われた、コント日本一を決める「キングオブコント2021」決勝戦の感想を語った。

佐久間P、『キングオブコント2021』決勝を振り返る「空気階...の画像はこちら >>

佐久間宣行

「キングオブコント2021」ではお笑いコンビ・空気階段が14代目キングに輝いた。決勝では「うるとらブギーズ」「蛙亭」「空気階段」「ザ・マミィ」「ジェラードン」「そいつどいつ」「男性ブランコ」「ニッポンの社長」「ニューヨーク」「マヂカルラブリー」の10組が競った。今回は審査員が一新されたことも話題となり、松本人志ダウンタウン)、飯塚悟志東京03)、秋山竜次ロバート)、小峠英二バイきんぐ)、山内健司(かまいたち)が務めた。

佐久間は「これはみなさん言っているけど、全組面白かったなっていう気持ちもありながら、空気階段が図抜けたネタだったなって僕も思います」とコメントし、改めて決勝戦について振り返った。

「(空気階段には)なんか思い入れが……。空気階段のラジオ番組を、(作家の)オークラさんの弟子がやっていて。それで僕はそれを聴いていたから、単純にファンで。もう、ヘビーリスナーだからさ。だから、それが1枚乗っちゃっているんですよね。

僕がコントを見る時って、まずはお笑いファンとして見るけど、一緒に仕事をしているテレビディレクター、演出家として見ちゃうこともあって。例えば、蛙亭とか。僕がプロデューサーを担当している『ゴッドタン』(テレビ東京)で、蛙亭にはいろんな企画でお世話になっていて、『やっぱり面白いなー!』って思っていたから、『ウケてくれ!』っていう気持ちが沸くわけです。


この記事の画像

「佐久間P、『キングオブコント2021』決勝を振り返る「空気階段が図抜けたネタだったなって」」の画像1 「佐久間P、『キングオブコント2021』決勝を振り返る「空気階段が図抜けたネタだったなって」」の画像2 「佐久間P、『キングオブコント2021』決勝を振り返る「空気階段が図抜けたネタだったなって」」の画像3 「佐久間P、『キングオブコント2021』決勝を振り返る「空気階段が図抜けたネタだったなって」」の画像4
「佐久間P、『キングオブコント2021』決勝を振り返る「空気階段が図抜けたネタだったなって」」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ニューヨーク」に関する記事

「ニューヨーク」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ニューヨーク」の記事

次に読みたい「ニューヨーク」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク