セルルックとリアルルックを両立させるコツは? 3DCGアニメ「ULTRAMAN」制作秘話をトーク

セルルックとリアルルックを両立させるコツは? 3DCGアニメ「ULTRAMAN」制作秘話をトーク
『あにつく2019』「ULTRAMAN コンポジットセッション」の模様
9月28日、アニメ制作技術に関する総合イベント「あにつく2019」がUDX GALLERYにて行われた。「『ULTRAMAN』コンポジットセッション セルルック+リアルルックの合成 混ぜるな危険をやってみた」では、3DCG制作会社・SOLA DIGITAL ARTSから、CGプロデューサー・ディレクターの八木下浩史氏と、デザインエンジニアの笹倉逸郎氏が登壇。2019年4月に配信された『ULTRAMAN』をテーマに制作秘話を披露した。

SOLA DIGITAL ARTSは劇場作品をメインに手がけてきたスタジオだが、『ULTRAMAN』ではシリーズ作品を初めて制作した。劇場作品であれば尺は90分から120分、ショット数は1000から2000ほどになるが、本作は全13話のため作業量は各段に増える。
さらにフォトリアル系のCGだけではなく、2Dアニメの質感を出したセルルックにも挑戦したため、作業は多岐にわたった。

そのために今回は、ライティング、レンダリング、コンポジットのセクションを一つのチームとして作ることで作業の効率化を図った。
プロジェクト全体の進捗管理には映像業界でよく使用されるSHOTGUNを用いたが、このチームだけは一般的な企業でも使われるタスク管理ツール・ASANAを採用。ASANAはシンプルなUIで扱いやすいため学習コストが低く、タスクを持つスタッフも明確になるため、エラー対応やアップデート確認などに役立った。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「曇天に笑う」のニュース

次に読みたい関連記事「曇天に笑う」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「シュガー・ラッシュ:オンライン」のニュース

次に読みたい関連記事「シュガー・ラッシュ:オンライン」のニュースをもっと見る

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月9日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。