劇画タッチの質感を3DCGでどう実現したのか? 『ケンガンアシュラ』制作スタジオが解説

アニメ制作を目指す次世代のクリエイターを育成するべく毎年セミナーイベントを開催してきた「あにつく」。
2020年の今年は会場をライブ配信の場に切り替え、「あにつく2020オンライン」と題して2020年9月25日から27日までの3日間開催された。

NETFLIXオリジナルアニメとして制作された格闘アクション『ケンガンアシュラ』のCGセクションを語る「『ケンガンアシュラ』CG制作セッション」が開催されたのは3日目の27日。

アニメーション制作を担当した株式会社ラークスエンタテインメントと、CG部分の作業を請け負ったexsa株式会社からそれぞれスタッフが登壇し、おもにCG制作に関する制作過程を紐解いた。

■『ケンガンアシュラ』はなぜCGで作られたのか?

セミナーで登壇したのはラークスエンタテインメントの福島涼太氏(CGディレクター)、西入俊雄氏(CGディレクター)。そしてexsaからは池口裕児氏(CGプロデューサー)、齊藤博一氏(モデリングディレクター)、山崎雄太氏(コンポジットディレクター)の計5名。

最初のテーマは「『ケンガンアシュラ』はなぜCGで作られたのか?」。

この問いに対しCGディレクターの福島氏はこう語る。

「原作コミックは描き込みの密度が高く、しかも格闘アクションを劇画調のテイストを描いているため2Dではカロリーが高過ぎる。そこで予算やスケジュールを考慮しCGで制作することになりました。
CGモデルなら作画のクオリティーが一定水準保たれますし、背景含め作業時間の圧縮につながります」

この記事の画像

「劇画タッチの質感を3DCGでどう実現したのか? 『ケンガンアシュラ』制作スタジオが解説」の画像1 「劇画タッチの質感を3DCGでどう実現したのか? 『ケンガンアシュラ』制作スタジオが解説」の画像2 「劇画タッチの質感を3DCGでどう実現したのか? 『ケンガンアシュラ』制作スタジオが解説」の画像3 「劇画タッチの質感を3DCGでどう実現したのか? 『ケンガンアシュラ』制作スタジオが解説」の画像4
「劇画タッチの質感を3DCGでどう実現したのか? 『ケンガンアシュラ』制作スタジオが解説」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「タッチ」に関する記事

「タッチ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「タッチ」の記事

次に読みたい「タッチ」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク