TVアニメ『ちびまる子ちゃん』は現在、35周年を迎えた原作の“神回”を新規作画・演出で送る「~原作35周年!あなたの好きな“神回”さくらももこ原作まつり~」を放送中だ。
このたび、そのラストとなる1月30日の放送回で、名作「『まるちゃん 南の島へ行く』の巻」の前編・後編を一挙に1時間スペシャルで届けることがわかった。

原作者・さくらももこが「りぼん」で『ちびまる子ちゃん』の連載をスタートしたのは1986年のこと。連載開始から35周年を迎えた2021年にそれを記念し、2021年2月から6月にかけて「原作35周年!あなたの好きな“神回”大募集!」と題して、番組サイト上で原作マンガの好きなエピソードを受け付けていた。

「~原作35周年!あなたの好きな“神回”さくらももこ原作まつり~」はその結果を受けて実施されているもの。特に多くの視聴者に選ばれた原作のエピソードを、もう一度見たい“神回”として新規作画・演出で届けている。本日1月16日は「『まる子、ゴキブリをこわがる』の巻」、1月23日は「『まぼろしの「ツチノコ株式会社」』の巻」が放送予定だ。

このたび1月30日に1時間スペシャルでの放送が決定した「『まるちゃん 南の島へ行く』の巻」は、おじいちゃんが商店街のクジで“南の島へのご招待”の特賞を当てたところから始まるエピソードだ。家族のみんなが都合が悪く、運良くまる子が南の島へと行けることになる。そして南の島でプサディという女の子と出会い友達になったまる子は、島のいろいろな場所へと案内してもらう……。

この記事の画像

「「ちびまる子ちゃん」原作35周年!“神回”「南の島へ行く」が1時間SPで放送決定」の画像1 「「ちびまる子ちゃん」原作35周年!“神回”「南の島へ行く」が1時間SPで放送決定」の画像2 「「ちびまる子ちゃん」原作35周年!“神回”「南の島へ行く」が1時間SPで放送決定」の画像3 「「ちびまる子ちゃん」原作35周年!“神回”「南の島へ行く」が1時間SPで放送決定」の画像4
「「ちびまる子ちゃん」原作35周年!“神回”「南の島へ行く」が1時間SPで放送決定」の画像5