TVアニメ『ちびまる子ちゃん』は2022年5月1日の放送で1,500回を迎える。放送当日は「ありがとう!みんなのおかげで放送1500回1時間スペシャル」と題して1,500回目を盛り上げる。

『ちびまる子ちゃん』はさくらももこが「りぼん」にて連載したマンガが原作。静岡県清水市を舞台に、そこに暮らす一家・さくら家の次女である小学3年生のまる子と、家族や友だちとの日常を描いた物語だ。
TVアニメは1990年1月7日に第1回を放送。1992年に一旦終了したのちに1995年に再びスタートし、現在まで続く長期シリーズとなった。

5月1日放送の「ありがとう!みんなのおかげで放送1500回1時間スペシャル」は、美しい桜の木をめぐる「まる子と山桜の巻」と憧れの欽ちゃんへの思いがつまった「まる子、欽ちゃんに会いたいの巻」の2本立て。さらに懐かしい映像と共に過去の放送を振り返るコーナーなど、盛り沢山の内容になる予定だ。

プロデューサーの高野舞は「懐かしい映像から、まる子が大好きな欽ちゃんとのお話まで、ご家族揃って楽しんで頂けますので是非是非ご覧ください!近日の続報もお楽しみに!!」とファンに向けてメッセージを送った。

<以下、コメント全文掲載>

【『ちびまる子ちゃん』プロデューサー:高野舞】
みなさまに支えられ『ちびまる子ちゃん』は5月1日に放送1500回を迎えます!感謝の気持ちを込めてこの日の放送を1時間スペシャルでお送りさせて頂きます。懐かしい映像から、まる子が大好きな欽ちゃんとのお話まで、ご家族揃って楽しんで頂けますので是非是非ご覧ください!近日の続報もお楽しみに!!

この記事の画像

「「ちびまる子ちゃん」放送1500回スペシャル! 5月1日放送 懐かしい映像を交えたコーナーも」の画像1 「「ちびまる子ちゃん」放送1500回スペシャル! 5月1日放送 懐かしい映像を交えたコーナーも」の画像2