2022年秋アニメの1クールタイトルは12月の放送でクライマックスを迎えました。お気に入りのキャラクターが最後まで生き延びられるのか、ハラハラしていた人も多いのではないでしょうか。


アニメには物語の途中で命を落してしまったものの、ファンから愛され続けているキャラクターが数多く存在します。仲間を救うために身を犠牲にしたり、不治の病に体を蝕まれていたり、強大な敵の一撃であっけなくやられてしまったり……。

そこでアニメ!アニメ!では「“死んでほしくなかった”キャラといえば?」と題した読者アンケートを実施しました。12月26日から1月2日までのアンケート期間中に4924人から回答を得ました。
男女比は男性約40パーセント、女性約60パーセントと女性が少し多め。年齢層は19歳以下が約60パーセント、20代が約15パーセントと若年層が中心でした。


※以下の本文にて、本テーマの特性上、作品未視聴の方にとっては“ネタバレ”に触れる記述を含みます。読み進める際はご注意下さいませ。

■トップは“心を燃やせ!”の…

第1位

1位は『鬼滅の刃』の煉獄杏寿郎。支持率は約8パーセントでした。

煉獄杏寿郎は鬼殺隊の最高位である柱の一人で、炎の呼吸を使う炎柱。『無限列車編』で命を落した彼には「列車の乗客や後輩たちを守り抜き、柱として最期まで責務を全うした姿に感動しました」や「生きて炭治郎たちを柱候補生の継子(つぐこ)として育て上げてほしかった」や「上弦の参の猗窩座からまだ肉体は全盛期を迎えていない、と言われていたので、年を重ねていたら精神的にも身体的にも素晴らしい剣士になっていただろうなぁ……」と活躍をもっと見たかったという声が。


「若くして亡くなってしまいましたが“心を燃やせ!”などの教えはしっかりと受け継がれていると思います」と炭治郎たちに未来を託す最期に涙したという読者が目立ちました。なお2月3日には『ワールドツアー上映「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』の公開が控えています。

第2位

2位は『ワンピース』のポートガス・D・エース。支持率は約7パーセントでした。

エースはメラメラの実の能力者で、ルフィと兄弟の盃を交した義兄です。「ルフィの幼少期からの義兄弟でお互い強い絆で結ばれていたから。
サボも一緒に3兄弟で活躍してほしかった」や「エース奪還に成功したかと思いきや……。ルフィが大切な人を初めて失った重要なエピソードではあるものの、やはり悲しすぎます」と無事に生還してほしかったというコメントが届きました。

「1月1日はエースの誕生日。生きてくれていれば盛大に祝えたのに……」と誕生日に触れたファンも。また「“愛してくれて………ありがとう!!!”というセリフが忘れられない」と遺言が心に刻まれているという人が多かったです。

第3位

3位は『進撃の巨人』のサシャ・ブラウス。
支持率は約3パーセントでした。

第104期訓練兵団の団員であるサシャには「エレンの同期で数少ない生き残りの一人。朗らかで人から好かれるタイプだったので、狙撃されたシーンでは戦争の残酷さを感じました」や「普段は食い意地がすごく、弓矢を持たせれば表情がキリッとなるギャップが素敵。場を和ませるムードメーカーで、まさか死んでしまうとは思っていなかったです」、「物語も終盤に差しかかっての出来事だったため完全に油断していました……」と突然の死にショックを受けたというコメントが多数。2023年には「The Final Season 完結編」の放送が予定されており、フィナーレに向けて盛り上がりを見せています。

■そのほかのコメントをご紹介!

チェンソーマン』姫野には「デンジに“友達でいこう”と言ったり、アキに“死なないでね”と言ったりと、心に残るシーンが多いキャラクターでした。
酒癖が悪くおちゃらけているときと、真面目で頼れる先輩のときのギャップも好き」。
文豪ストレイドッグス』織田作之助には「太宰にとって唯一の光であり、彼を理解することができた友人。生き残って二人で武装探偵社で活躍してほしかった」。

名探偵コナン』松田陣平には「2022年公開の『ハロウィンの花嫁』では命懸けで市民を守っていた様子が描かれています。彼が殉職していなければ、米花町はもっと犯罪の少ない街になっていたはず」。
魔法少女まどか☆マギカ巴マミには「一般人を守るためという純粋な理由から戦っていてカッコイイ。
可愛くて頼れる先輩魔法少女だったので、あまりに早すぎる死がショックでした」と新作映画の制作が決まっているタイトルにも投票がありました。

今回のアンケートでは壮絶な死を遂げたキャラクターが多い結果に。主人公の肉親だったり、親友だったり、師匠だったりと、重要な登場人物であることも、物語からの退場を惜しむ理由となっています。

■ランキングトップ10

[“死んでほしくなかった”キャラといえば?]
1位 煉獄杏寿郎 『鬼滅の刃』
2位 ポートガス・D・エース 『ワンピース』
3位 サシャ・ブラウス 『進撃の巨人』
4位 ユージオ 『ソードアート・オンライン アリシゼーション』
5位 自来也 『NARUTO -ナルト-』
6位 場地圭介 『東京リベンジャーズ』
7位 松田陣平 『名探偵コナン』
8位 アッシュ・リンクス 『BANANA FISH
9位 殺せんせー 『暗殺教室
10位 高杉晋助 『銀魂

(回答期間:2022年12月26日~2023年1月2日)

■ランキングトップ20

[“死んでほしくなかった”キャラといえば?]
1位 煉獄杏寿郎 『鬼滅の刃』
2位 ポートガス・D・エース 『ワンピース』
3位 サシャ・ブラウス 『進撃の巨人』
4位 ユージオ 『ソードアート・オンライン アリシゼーション』
5位 自来也 『NARUTO -ナルト-』
6位 場地圭介 『東京リベンジャーズ』
7位 松田陣平 『名探偵コナン』
8位 アッシュ・リンクス 『BANANA FISH』
9位 殺せんせー 『暗殺教室』
10位 高杉晋助 『銀魂』
11位 織田作之助 『文豪ストレイドッグス』
12位 市丸ギン 『BLEACH
13位 トゥワイス 『僕のヒーローアカデミア
14位 サー・ナイトアイ 『僕のヒーローアカデミア』
15位 日向ネジ 『NARUTO -ナルト-』
16位 ユウキ 『ソードアート・オンライン』
17位 ウタ 『ワンピース』
18位 花京院典明 『ジョジョの奇妙な冒険
19位 うちはイタチ 『NARUTO -ナルト-』
20位 マース・ヒューズ 『鋼の錬金術師

(回答期間:2022年12月26日~2023年1月2日)

※本アンケートは、読者の皆様の「今のアニメ作品・キャラクターへの関心・注目」にまつわる意識調査の一環です。結果に関しては、どのキャラクター・作品についても優劣を決する意図ではございません。本記事にて、新たに作品やキャラクターを知るきっかけや、さらに理解・興味を深めていただく一翼を担えれば幸いです。