劇場版「『鬼滅の刃』無限列車編」の主題歌「炎(ほむら)」の大ヒットでも知られる作曲家・梶浦由記に長期密着取材を敢行したNHKBSのドキュメンタリーに大幅な追加要素を加えた一冊として、『6,000曲の“パレード” 作曲家・梶浦由記 異才の流儀』が7月25日に発売される。6月3日より予約受付が始まり、梶浦より刊行にあたってのメッセージが届いた。


梶浦由記といえば、『魔法少女まどか☆マギカ』、『Fate/Zero』、『ソードアート・オンライン』をはじめとするアニメ作品の劇伴のほか、人気歌手への楽曲提供やソロプロジェクトに及ぶマルチな活躍によって、老若男女、国内外を問わず圧倒的な支持を集める作曲家だ。そんな梶浦は昨年デビュー30周年を迎え、海外コンサートツアーや劇伴作曲家としては異例の武道館ライブに挑んだ。NHKではこの30周年イヤーに初の長期密着取材を敢行。その模様は『6000曲の“パレード” 作曲家 梶浦由記』として23年12月にNHKBSで放送され、多くの反響を呼んだ。

このたびの『6,000曲の“パレード” 作曲家・梶浦由記 異才の流儀』は、同番組の待望の書籍化となる。映像作品を包み込む独特のメロディー、その唯一無二の作品世界はいかにして生まれるのか。
多くの放送未公開部分に加え、梶浦への追加取材も行われ、知られざる創作の極意と人となりに迫った。紙面は「序 梶浦ワールドを読み解く 7つの鍵」からはじまり、「第1部 梶浦サウンドの生まれるところ」、「第2部 メイキング・オブ Kajiura」、「第3部 語り下ろしモノローグ」、「第4部 6,000曲のパレード」という構成だ。

梶浦は密着番組、およびそれをもとにした本書の刊行に「デビューから数えて30年という年月も、人に言われれば『そうか』と思う程度にただ楽しく必死に、そしてあっという間に過ぎて行きまして、自分にとっては『まだまだ道中』という感覚しかございませんが、その道端にそっと残して行く一本の旗として、本当に有難い番組を、そして本を作っていただけたものだと心から感謝しております」などのメッセージを寄せている。

『6,000曲の“パレード” 作曲家・梶浦由記 異才の流儀』は税込み2,090円。2024年7月25日に発売される。予約はAmazonやNHK出版のECサイトまで。


<以下、コメント全文掲載>

梶浦由記

 昨年、君塚匠監督に長期にわたり本当に丁寧な取材をしていただき「6,000曲の“パレード”」と言う素晴らしい番組を作っていただきました。今回その取材に加え、また長時間のインタビューを何度も重ねていただき、今度は書籍として出版していただけることとなりました。
 デビューから数えて30年という年月も、人に言われれば「そうか」と思う程度にただ楽しく必死に、そしてあっという間に過ぎて行きまして、自分にとっては「まだまだ道中」という感覚しかございませんが、その道端にそっと残して行く一本の旗として、本当に有難い番組を、そして本を作っていただけたものだと心から感謝しております。
 私自身も、取材を通してこれまでの月日を一度すっきり見渡したことで、また新たな喜びと興味を持って音の楽しさと言うものと向き合って行ける気がしております。もしご興味ございましたらお手に取っていただけましたら幸いです。

『6,000曲の“パレード” 作曲家・梶浦由記 異才の流儀』
【目次】
序 梶浦ワールドを読み解く 7つの鍵
第1部 梶浦サウンドの生まれるところ
第2部 メイキング・オブ Kajiura
第3部 語り下ろしモノローグ
第4部 6,000曲のパレード

商品情報
著者:君塚匠+NHK制作班
出版社:NHK出版
発売日:2024年7月25
定価:2,090円(税込)
判型:四六判並製
ページ数:224ページ
ISBN:978-4-14-081970-8