土屋太鳳、上島竜兵さんの名前を出さずに「感謝を込めて祈りたい」と追悼の言葉

土屋太鳳、上島竜兵さんの名前を出さずに「感謝を込めて祈りたい...の画像はこちら >>


 最後の共演者となった彼女はいま、深い悲しみに暮れているようだ。


 俳優で芸人の上島竜兵さんが5月11日に急死し、多くの芸能人から追悼の意が表されるなか、放送中のドラマやんごとなき一族」(フジテレビ系)で共演していた土屋太鳳が、自身のインスタグラムに上島さんの死を悼むメッセージを掲載した。


 11日深夜に土屋は、川沿いの桜並木を写した写真を公開し、今日の東京の空はおだやかだったとしつつ、「でもおだやかな分、大きな寂しさを感じます」と投稿。その写真は5月5日放送の第3話を撮影した際のメイキング風景だという。


 土屋は、1年に1回しか咲かない桜の時期に本物の桜や菜の花と共演できたことが「本当にものすごく贅沢な、しあわせなことでした」と綴り、続けて「人と御一緒する御縁は本当にかけがえのない宝物です」と、上島さんと共演した経験を偲んでいたようだ。


 自らが演じるヒロインの佐都を巡って土屋は、作中で食堂を営む母親や常連客について言及。「家族のような存在のロクさん、源さん、八さんが素敵だったから」と綴っている。


「上島さんは佐都の実家である食堂のまんぷく屋に通う、八百屋の八さんとして出演。沖縄料理屋のロクさんこと肥後克広、肉屋の源さんこと寺門ジモンとの3人で、ダチョウ倶楽部として出演していました。佐都と結婚する富豪一族の健太(松下洸平)はまんぷく屋の常連で、二人の結婚を八さんたちは心から祝福。佐都の“庶民出身”という人柄を彩る大事な役どころを、上島さんたちは務めていたのです」(テレビ誌ライター)