【ちむどんどん】上白石萌歌の「まさかやー」な入浴シーンは朝ドラの伝統芸だった!?

【ちむどんどん】上白石萌歌の「まさかやー」な入浴シーンは朝ド...の画像はこちら >>


 朝からこんなシーンが拝めるとは、驚いた視聴者も少なくなかったようだ。


 5月17日放送のNHK連続テレビ小説ちむどんどん」第27回では、沖縄・山原村の比嘉家にて長女の良子(川口春奈)と三女の歌子(上白石萌歌)が、東京に出た長男・賢秀(竜星涼)と次女の暢子(黒島結菜)について会話する場面があった。


 良子は、横浜・鶴見で沖縄県人会会長の家に拾ってもらった暢子について「しょうがないねー」と言及。そして賢秀に関しては「お世話になったボクシングジムの会長さんに借金したまま逃げるってある?」と呆れ果てた様子だ。


 すると歌子は「うちはちょっと安心したよ」と意外な返事。ニーニーに殴り合いは似合わないとのことで、母親の優子(仲間由紀恵)も賢秀がボクシングを辞めたことに安心しているという。


 そんなやり取りが交わされるなか、一部の視聴者からは二人の会話がまったく頭に入ってこないとの指摘もあったというのだ。


「このシーンで歌子はお風呂に入っており、デコルテが丸見えになっていました。歌子を演じる上白石は過去にもドラマ義母と娘のブルース』(TBS系)で入浴シーンを見せたほか、水着姿は何度となく披露していますが、さすがに朝ドラでのお風呂は刺激が大きいというもの。しかも頭に手ぬぐいを巻いている姿は妙に艶っぽく、この時ばかりは高二という役どころではなく、実年齢の22歳らしさがあふれていたようです」(テレビ誌ライター)