「やんごとなき一族」の現実離れしすぎた最終回に「ちむどんどんも見習え!」の声

「やんごとなき一族」の現実離れしすぎた最終回に「ちむどんどん...の画像はこちら >>


 どうせならここまで振り切ってくれ。朝ドラファンもそう思っていたのではないだろうか。


 土屋太鳳が日本有数の富豪な一族に嫁ぎ、奮闘する姿を描いたドラマやんごとなき一族」(フジテレビ系)が6月30日に最終回を迎えた。そこで描かれた様々なとんでもシーンに「面白すぎる!」と評価の声が寄せられているという。


 前回、夫の深山健太(松下洸平)が記憶喪失になってしまい、別居を決意した佐都(土屋太鳳)。深山家では相変わらず当主の圭一(石橋凌)が強権を振るい、女は客をもてなすくらいしか能がないと妻の久美(木村多江)を罵っていた。


「その久美はついに家を飛び出し、佐都の実家である大衆食堂・まんぷく屋を訪れることに。そこに現れた常連客(ダチョウ倶楽部肥後克広寺門ジモン)の二人は、なぜか久美を食堂のスタッフと勘違いし、次々と食事を注文します。その久美が店を後にすると、今度は深山家長男の妻である美保子(松本若菜)が来店。次男の嫁である佐都にさんざん嫌がらせをしてきた彼女はなぜか急にしおらしくなり、『ありがとお、そして、ごめんなさい』と謝罪の言葉を口に。いきなり素直になった美保子ですが、大仰な口調と変顔は健在で、“松本若菜劇場ここにあり”を再確認させてくれました」(テレビ誌ライター)


 こんな調子で、セレブな家を舞台にしたドロドロな愛憎劇のなか、なぜかネジの外れたキャラばかりが登場する喜劇路線を最終回まで貫いてきた「やんごとなき一族」。その面白さは中盤から終盤に向けて、さらなる爆発を見せていた。