ここでもか!「ドラゴン桜」ファンが“ジャニーズの壁”に嘆いていた

ここでもか!「ドラゴン桜」ファンが“ジャニーズの壁”に嘆いていた

ここでもか!「ドラゴン桜」ファンが“ジャニーズの壁”に嘆いて...の画像はこちら >>


 ドラマ「ドラゴン桜」(TBS系)のファンが、令和の時代とは思えない対応に不満を抱いているようだ。


 同作ではいよいよ、東大合格を目指す“東大専科”が始動。平手友梨奈King & Prince髙橋海斗南沙良加藤清史郎という4人のメンバーが集い、自らとの闘いを開始した。だが5月16日放送の第4話ではラーメン屋の息子である髙橋が、借金を背負う姉の姿を見て東大専科をあきらめることを決意。その髙橋を他のメンバーが気遣い、説得に走る友情が描かれていた。


 視聴者からは≪見ているとスカッとする≫≪若手の俳優陣が素晴らしい≫といった賛辞が続出。次回の放送が待ちきれないとの声も少なくないようだ。そんななか、ひょんなところで不満を抱いた視聴者もいるというのである。


「5月11日にはメインキャストのボイス付きLINE公式スタンプが登場。桜木建二(阿部寛)の決めゼリフ『お前の道はお前が決めろ』や、平手による『ありがとう』などのボイスが楽しめます。ところがこのスタンプになぜか、主要キャストである瀬戸輝(キンプリ髙橋)が含まれていないのです。これにはファンから《瀬戸くん不在!》《瀬戸くんのも欲しいです》《瀬戸くんいたら即買いするのに…》といった落胆の声が続出したのも当然でしょう」(テレビ誌ライター)


ここでもか!「ドラゴン桜」ファンが“ジャニーズの壁”に嘆いていた
24個のスタンプが用意されたボイス付きLINE公式スタンプ。ドラマ「ドラゴン桜」公式ツイッター(@dragonzakuraTBS)より。



 そんな髙橋不在の状況を巡っては≪ジャニーズの壁≫を指摘する声も少なくない。ただ、以前はデジタルに後ろ向きだったジャニーズ事務所だが、近年は滝沢秀明木村拓哉のLINEスタンプが登場するなど、姿勢に変化が生じたと評判だったはずなのだが…。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

asageiMUSEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ジャニーズ」に関する記事

「ジャニーズ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジャニーズ」の記事

次に読みたい「ジャニーズ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク