「鎌倉殿の13人」小池栄子を巡って史実に反する言葉が使われていた!?

「鎌倉殿の13人」小池栄子を巡って史実に反する言葉が使われていた!?

「鎌倉殿の13人」小池栄子を巡って史実に反する言葉が使われて...の画像はこちら >>


 1月9日にスタートしたNHK大河ドラマ鎌倉殿の13人」。いかにも三谷幸喜らしい脚本では、主人公・北条義時(小栗旬)の父親である時政(坂東彌十郎)が「最後は首ちょんぱじゃねえかぁ!」と現代語丸出しの台詞を口にするなど、従来の大河ドラマとは一味も二味も異なるコミカルな演出が特徴だ。


 なかでも第一話の見どころだったのが、鎌倉幕府を興す源頼朝(大泉洋)に一目惚れした北条政子(小池栄子)の振る舞いだ。美人だが気性が荒く、まだどこにも嫁いでいない政子のことを頼朝も気にかかっている様子。そんな頼朝に政子があからさまにラブラブな態度で迫る姿には視聴者からも≪面白すぎる!≫≪政子が全部持っていった≫と絶賛の声が多数あがっているようだ。


 そんな小池栄子を巡って、一部の歴史好きからは≪史実に反する!≫との指摘が出ているという。


「政子が初めて頼朝に挨拶し、名前を訊ねられた際には『北条時政の娘、政子でございます』と答えていました。このやり取り、とくに不自然さは感じられませんが、実はこれこそが史実に反しているのです。というのも『北条政子』という名前は後世になってから彼女を特定するために付けられた歴史用語のようなもの。彼女が自分自身を『政子』と名乗ったことや、周りから『政子』と呼ばれていたことはないというのが史実となっています」(日本史に詳しいライター)


「鎌倉殿の13人」小池栄子を巡って史実に反する言葉が使われていた!?
源頼朝に一目惚れし、おめかしする北条政子(小池栄子)。大河ドラマ「鎌倉殿の13人」公式インスタグラム(@nhk_kamakuradono13)より。



 政子という名前は夫となった源頼朝の死後、朝廷が彼女に従三位という位を授けた際に公文書に記載する“名前”が必要だったことから、≪北条時政の娘≫という意味で付けられたもの。頼朝の生前には「政子」という名前そのものが存在していなかったのである。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

小池栄子のプロフィールを見る
asageiMUSEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「小池栄子」に関する記事

「小池栄子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小池栄子」の記事

次に読みたい「小池栄子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク