【ミステリと言う勿れ】ライカ役の門脇麦に批判続出も、ベストな配役だと言えるワケ

【ミステリと言う勿れ】ライカ役の門脇麦に批判続出も、ベストな...の画像はこちら >>


 その謎めいた女性はいったい誰なのか。視聴者も狐につままれた想いかもしれない。


 2月7日放送の月9ドラマミステリと言う勿れ」(フジテレビ系)第5話では、主人公の久能整(菅田将暉)が病院内の温室にて、謎の女性ライカ(門脇麦)に遭遇。数字を羅列した暗号でメッセージを伝える彼女に、整は言われた数字を反すうするのに精いっぱいの様子だった。


 原作マンガでのライカは今後、ヒロイン的な活躍を見せる重要なキャラクター。一方でドラマ版では新人刑事の風呂光聖子(伊藤沙莉)がヒロイン役を務めており、ライカの出番が今度どうなっていくのかは現時点で不透明だ。


 それゆえ原作ファンからはライカの位置づけに関して不満の声もあがっているが、それ以上に批判を集めているのが、門脇の起用だというのである。


「原作でのライカは長いストレートヘアが印象的なスレンダーな女性。身長も主人公の整と同じくらいあるようです。それに対して門脇は作中でこそロングヘアのウィッグを着用しているものの、髪型に関してはボブカットの印象が強い。また身長は160センチで、整を演じる菅田より16センチも低いことから、《いくら何でもミスキャストじゃないのか》《門脇麦は好きだけど…これはない》といった声があがっているのです」(テレビ誌ライター)


 本作を巡っては今回のライカに限らず、原作ファンからの批判が続出。そもそも主役の菅田にも≪渡部豪太のほうが良かった≫との声があるほか、伊藤が演じる風呂光刑事には≪出番が多すぎる≫という批判が。さらには第5話で重要な役割を果たした老刑事役の小日向文世にまで≪イメージが違う≫との文句が付く有様だ。