Pepper for Homeは家族がターゲット、学習・実用アプリも充実

Pepper for Homeは家族がターゲット、学習・実用アプリも充実
「Pepper」の新型家庭向けモデルが予約受付中
 ソフトバンクロボティクスとソフトバンクは、オンライン限定で、会話能力が向上した人型ロボットPepper for Home」を発売した。現在、専用サイトで予約を受け付けており、6月以降、順次、本申込を案内する。

 Pepper for Homeは「Pepper」の新しい家庭向けモデル。胸のディスプレイに表示する画面デザインを刷新し、ユーザーが直感的に使いやすいデザインに変更した。また、Androidに対応し、多彩なロボアプリを利用できる。
 より親しめるよう、会話機能を向上。「Hi, Pepper(ハイ、ペッパー)」と呼びかけると「Pepper」と会話を始められるようになり、これまでよりも会話がしやすくなった。
 さらに、ソフトバンクロボティクスはGoogleが提供する自然言語に対応した会話型エージェントを開発可能な開発プラットフォーム「Dialogflow Enterprise Edition」や、日本マイクロソフトが提供するソーシャルAI「りんな」の技術を応用したAIマーケティングソリューション「Rinna Character Platform」と連携したヒューマノイド用会話プラットフォームを新たに構築し、これまでは対応が難しかった会話内容に対する返答の正確性を向上し、スムーズな会話がより長く楽しめるようになった。
 ロボアプリは、「Pepper Party」「ロボドリル(小学編・中学編)」「オトッペりずむ」といった子ども向けを中心に、大人が楽しめるもの、実用的なものまで、多彩にラインアップ。また、ロボアプリを開発できる専用のソフトウェア開発キット「Pepper SDK for Android Studio」を無料で提供する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

BCN+Rの記事をもっと見る 2019年4月26日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。