ファーウェイ・ジャパンの楊涛プレジデントに聞いた、なぜこのタイミングでトップが交代したのか

ファーウェイ・ジャパンの楊涛プレジデントに聞いた、なぜこのタイミングでトップが交代したのか
BCNの単独インタビューに応じたファーウェイ・ジャパンの楊涛ファーウェイデバイス日本・韓国リージョンプレジデント
 10年前、国内のスマートフォンスマホ)市場でファーウェイのブランドはほぼゼロに等しかった。ファーウェイ・ジャパンは6月2日の新製品発表会の冒頭で、国内市場における同社のブランドを現在のポジションまで引き上げた功労者の呉波プレジデントの退任を発表した。米中貿易摩擦や新型コロナウイルスで経営のかじ取りがかつてないほど困難な状況で、日本のトップが代わったのはなぜか。新任の楊涛(Yang Tao、ヤンタオ)ファーウェイデバイス日本・韓国リージョンプレジデントがBCNの単独インタビューに応じた。前半と後半の2回にわたって掲載する。

取材・文/細田 立圭志、写真/松嶋優子

(以下、敬称略) 米国との調整や新型コロナの問題とは一切関係ありません。なぜなら私は2019年5月から既に日本で仕事をしていました(注・19年5月に端末統括本部営業統括副本部長に就任)。日本はファーウェイにとって、もっとも重要な市場ですし、お客さまが製品やサービスに求めるレベルがとても高いので、1年間の適用期間を設けたのです。昨年の5月から1年をかけてオリバー(呉波氏)に助けられながら、日本の市場やお客さま、商慣習について、たたきこまれながらスムーズに引き継ぎをしてきました。ですので、外部の要因とはまったく関係なく、あくまでもファーウェイ本社が日本市場を最重要としている取り組みの一環としての人事です。
 まず大前提として、ファーウェイはどんな状況に置かれても各国の法律や法規を順守してきました。この姿勢は今後も変わることはありません。さまざまな制限が設けられている状況でも各国で事業を展開しているので、各国の法律や法規の順守を徹底しています。ですので、ファーウェイにとってもTSMCにとっても課せられたルール通りに進めていくだけです。もちろん、ファーウェイとしてもいろいろな対策をとるようにしていますが、今の段階で詳細を明らかにすることはできません。

あわせて読みたい

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ZTE」のニュース

次に読みたい関連記事「ZTE」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月4日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。