「GALLERIAシリーズ」初のRyzen搭載ゲーミングノートPC、サードウェーブから
拡大する(全1枚)
ゲーミングノートPC新製品
 ゲーミングPC「GALLERIA(ガレリア)シリーズ」を展開するサードウェーブは、GALLERIAゲーミングノートシリーズで初となるAMD Ryzen CPUを搭載した「GALLERIA GR2060RGF-T」と「GALLERIA GR1650TGF-T」の2機種を、7月17日に全国22のドスパラ各店舗、ドスパラ通販サイトで発売した。税別価格は、GALLERIA GR2060RGF-Tが12万9980円、GALLERIA GR1650TGF-Tが9万9980円。

 新製品は、AMD Ryzen CPUにNVIDIA GeForceグラフィックカードを組み合わせた最新のゲーミングノートPC。処理の重い3Dゲームも快適に楽しめる高い性能と、群を抜くコストパフォーマンスを実現した。また、薄型軽量デザインのきょう体によって、移動や持ち運びも快適で、どんな場所でも最高のパフォーマンスを発揮できる。
 GALLERIA GR2060RGF-Tは、バランスに優れたベストコンビネーションモデルで、CPUに8コア16スレッドの最新AMD Ryzen 7 4800Hを採用。GPUは、レイトレーシングにも対応した高性能なNVIDIA GeForce RTX 2060を搭載することで、3Dゲームだけでなく、動画編集や映像編集、CG作成など、高いスペックを生かし、さまざまな用途に活用できる。
 GALLERIA GR1650TGF-Tは、コストパフォーマンスに優れたコンビネーションモデルで、最新の6コア12スレッドCPU、AMD Ryzen 5 4600HとNVIDIA GeForce GTX 1650Tiを搭載。フルHDの3Dゲームも快適にこなすスペックと、求めやすい価格を実現している。多コアCPUによるメリットは、ゲームだけでなく、動画配信や動画編集でも実感できる。