有機ELテレビ、平均単価が過去3年で約10万円下落

有機ELテレビ、平均単価が過去3年で約10万円下落
 有機ELテレビの平均単価が過去3年で約10万円下落したことが、家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」から明らかになった。

 18年1月に33万6000円だった有機ELテレビの平均単価。8月に28万7000円と初めて30万円を下回ると、19年5月の23万6000円までほぼ月を追うごとに下落していった。その後25~27万円まで上昇する場面はあったが、20年1月には再び23万円台に下がった。以降、23~24万円台で推移し12月には過去3年で最も安い23万2000円を記録した。
 有機ELテレビ自体の販売価格が安くなっていることに加えて、メインだった55インチより小型の48インチ製品が発売されたことも平均単価下落の要因と言えるだろう。
*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。
<% bcn_video1 %>
【関連記事】
【実売データでわかる売れ筋ランキング(1位~50位)】(毎週木曜日更新)
外出自粛が追い風に、ゲーミング機器の販売数倍増
内蔵SSD、平均容量700GB超、GB単価は下落進行中
薄型TVの大画面化進む、11月は過去最高を記録
M1搭載Mac mini発売でアップルの販売数量急増、メーカー別シェアでトップに

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月17日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。