ダイキン、給気だけでなく「排気」もできる「うるさらX(Rシリーズ)」の2022年モデル

 ダイキン工業は9月6日、部屋の不快な熱気や湿気を屋外に排出する「排気換気」機能を搭載した2022年モデルのルームエアコン「うるさらX(Rシリーズ)」を発表した。外気を室内に送り込む給気換気機能は21年モデルから搭載しているが、今回、排気換気にも対応することで、例えば、真夏の自宅に帰宅した際に室内の熱を排気しながら冷房したり、巣ごもりの自炊でこもりやすい湿気を排気したりできる。

●リモコンに「換気ボタン」を搭載
 排気換気の仕組みは、室外機に新搭載した「給気/排気切替ダンパー」と「高静圧ターボファン」が稼働することで、給気と排気の流路が切り替わる。排気換気に切り替わると、室内の不快な熱や湿気が屋外に排出される。
 14畳用のAN40ZRP‐Wの換気能力は、排気風量で27立方メートル/h、給気風量で29立方メートル/hとなる。また、部屋の状況によりリモコンで手動で切り替えることが可能で、「換気ボタン」を1回押すと給気換気、2回押すと排気換気になる。
 もちろん、自動で換気運転するモードもある。「AI快適自動運転」には、屋内外の温度差を検知して換気方式を切り替える「換気自動」モードを搭載。冷房運転を開始した時、部屋の温度が屋外より高い場合、冷房と排気換気を同時に行いながら室内にこもった熱を屋外に排出する。室温が屋外よりも低くなって安定したら、今度は給気換気に切り替えて、屋外の新鮮な空気を冷やしながら屋内に送り込む。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク