スマートティーポッド「teplo」で淹れたお茶が美味しすぎた! AIが茶葉のポテンシャルを最大化

【木村ヒデノリのTech Magic #077】 温かい飲み物が恋しい季節になってきた。特に今年は急に冷え込んだので、急いで衣替えをした。デスクワークの多い筆者にとって冬場はコーヒーが欠かせないが、このガジェットを知った事で今年はお茶がメインになるかもしれない。
 
 AIでお茶の美味しさを最大化する、という「teplo(テプロ)」は、そのコンセプトだけでも一度は試してみたいと思わされる製品だ。淹れたお茶は通常のティーポットで淹れたお茶とは比較にならない美味しさで、こんなにも違うのかと驚かされる。良い茶葉を使わずとも毎日至高のお茶が楽しめるガジェットの実力は本物だった。
●一見すると疑ってしまうような斬新なコンセプト
 AIでお茶をパーソナライズする、などと聞くと本当に実用的なのか疑ってしまう方が多いだろう。目にしたタイミングでは筆者もにわかに信じられなかった。teploは内蔵する六つのセンサーで現在の状況を分析。独自のアルゴリズムで抽出温度と時間を導き出すというのだ。
 センサーではユーザーの脈拍、指の温度など身体情報のほか、室温、湿度、照度、そしてなんと騒音レベルまで計測されるという。これらの情報からユーザーが置かれている環境やストレスを推測し、それらを改善してくれる一杯を作ってくれるというから驚きだ。
●とにかく美味しい、驚きの味がお茶の概念を変える
 成分のパーソナライズだけでなく「とにかく美味しい」ことが最大の魅力と言えるかもしれない。筆者はまず緑茶を淹れてみたのだが出汁のような旨味が感じられ、渋みはほとんどない。同様のものを両親に試飲してもらったが「いつも飲んでいる緑茶と全然違う!」と驚いていた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク