人気高級モデルの新世代機登場! ソニーのフルサイズミラーレス「α7 IV」

 ソニーは、静止画と動画の撮影性能や操作性、共有・配信機能を一新したフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7 IV」を12月17日に発売する。

 「α7 IV」は、新開発の有効約3300万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサExmor R(エクスモアアール)を搭載し、高解像とともに拡張ISO204800の高感度を実現した。
 また、α(Alpha)シリーズのフラッグシップ機である「α1」にも搭載されている従来比最大約8倍の高速処理が可能な画像処理エンジンBIONZ XR(ビオンズエックスアール)や、AIを活用して高速・高精度・高追従に被写体をとらえるAF(オートフォーカス)技術など、ソニーの最先端のカメラ技術を凝縮した新世代のベーシックモデルとなっている。
 前機種である「α7 III」から大幅に進化した解像度やAF性能、動画表現や撮影性能の向上などにより、様々なシーンで高画質な静止画と動画の撮影が可能。さらに、静止画と動画の各設定をすばやく切り替えられるダイヤルを新たに追加するなど、両撮影用途の操作性も追求している。
 同時に連続撮影を含むフラッシュ性能をはじめ、操作性や堅牢性を強化したα用電波式ワイヤレス通信対応フラッシュ2種「HVL-F60RM2」と「HVL-F46RM」を発売する。「α7 IV」を含むαシリーズのカメラと組み合わせることで、正確な発光制御や高速撮影、直感的な操作性を実現でき、αライティングシステムとしての強みを発揮する。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「動画」に関する記事

「動画」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「動画」の記事

次に読みたい「動画」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク