自宅を快適にアップデートする手段として、スマートスピーカーは最適な存在だ。広く家庭に普及…とはまだいかないものの、新しく登場する家電はスマートスピーカー対応が標準になってきているし、なによりそのバリエーションが驚くほど広がっている。特にAmazon Echo Showは2022年5月時点で10種類以上のモデルをラインアップ。家庭に設置するタイプだけでなく、車用の「Echo Auto」やイヤホン内蔵型の「Echo Buds」など、利用シーンにも奥行きがでてきた。

 今回紹介するのは、もっとも需要があるディスプレイ搭載モデル、そのなかで最大のサイズを誇る「Amazon Echo Show 15(以下、Echo Show 15)」だ。「正直、大きすぎるのでは」という気持ちだったが、使ってみると「これほどワクワクするスマートスピーカーはなかったかも」とすぐさま心変わりした。ライフスタイルを変えてくれる可能性と、ちょっとした注意点を紹介したい。
●壁掛けできる初のEchoシリーズ 賃貸でも安心の専用金具を用意
 Echo Show 15導入前、記者の自宅ではEcho Show 8をリビングに、Echo Show 5を寝室に、コンセント直挿しのEcho Flexを廊下に設置していた。ついでに言うと車にはEcho Auto、普段使いのイヤホンとしてEcho Budsを使用しており、そこそこのエコーリストだと思う。記者が当初Echo Show 15の必要性に懐疑的だった理由の一つが、現在でも十分にスマートスピーカーを快適に使えているからというものだ。大きいので置き場所にも悩むし、アップデートの伸びしろも少なく思えた。