LGエレクトロニクス・ジャパンは、液晶テレビの2022年ラインアップとして全3シリーズ11モデルを5月下旬から順次発売する。
 

 LGエレクトロニクスは、2011年のFPR方式3D液晶テレビの発売を始め、2012年には国内初のスマートテレビ、2013年からは世界初となる大型の有機ELテレビをグローバルで発売するなど、常に革新的な製品を提供している。
 昨年には、MiniLEDバックライトに、量子ドットテクノロジーとナノセルカラーテクノロジーを組み合わせることにより、従来の液晶テレビを大幅に進化させた、今後の「新基準」となる「LG QNED MiniLED」を発表。より明るく、より深い黒を再現するとともに、鮮やかな色の表現力が進化し、新しい視聴体験が身近になった。
 そして、今年は量子ドットMiniLED液晶の「QNED85JQA」と、量子ドット液晶の「QNED80JQA」の2シリーズを新たに展開し、LG UHD TVの「UQ9100」を含めた、43インチから86インチまで幅広いサイズをラインアップする。
 新製品では、テレビの心臓部ともいえる独自のAI対応映像エンジンが進化。百万もの映像ソースを学習したリアルタイムAIプロセッサーが地上波でも、ネット動画でも、あらゆるコンテンツにリアルタイムで合わせて、最高レベルの映像体験を生み出す。
 サウンド面でも、AIが今見ている映像のジャンルを分析し、ドラマ・スポーツ・映画・ニュース・音楽の5つに分類。それぞれのジャンルに合わせたサウンドへ調整し、臨場感あふれるバーチャル 5.1.2chサウンドに変換する。