【地名ケンミン性の秘密】なぜ北海道に「全国各地の地名」が残っているのか⁉️《47都道府県「地名の謎」》

【地名ケンミン性の秘密】なぜ北海道に「全国各地の地名」が残っているのか⁉️《47都道府県「地名の謎」》
       

 日本の地名は世界でも稀に見るほどバリエーションが豊富。
 地名の由来を探ると、多様な地形、自然を愛でる表現性、ふるさとを思う民俗性など、この国の原点が見えてくる。
 読者のみなさんの故郷はどちらですか? 地名は・・・?
 日本人ならなぜか初対面でも話が弾む出身地・県民性・そして地名雑学‼️
 ようこそ! 地名の奥深い世界へ‼️ 
 今日はみなさんとともに北の大地、北海道へ。



■アイヌ語由来の地名多数



《北海道の由来》海=加伊とは国のこと



 アイヌ研究の先駆者として知られる探検家の松浦武四郎が、明治2年 (1869)、道名に関する意見書を政府に提出。すると政府は、6つの候補(北加伊道・日高見道・海北道・海島道・東北道・千島道)のうち、「北加伊道」の「加伊」を「海」と変更し、「北海道」と命名したとされる。松浦によると、「加伊」とはアイヌ民族が自らの国を「カイ」と呼んでいたことに由来するため、政府にいちばんに勧めた道名だったという。





《地名の由来》



◉長万部(おしゃまんべ) シャマンペとは鰈(かれい)
アイヌ語で「オ(川口)シャマンペ(鰈)」、つまり「鰈のたくさんとれる川口」となる。
また、写万部山の山腹には、昔から雪解けのころ、鰈の形に雪が残ることから「ウパシ・シャマンペ(雪の鰈)」が由来とも。



◉小樽(おたる) オタとは砂のこと
アイヌ語「オタ・オル・ナイ(砂浜の中の川)」に由来する地名。ただし、この言葉が示す地域は、小樽市と札幌市の境界を流れる星置川の下流、小樽内川と考えられている。「砂の道の沢」を意味する「オタ・ル・ナイ」が由来という説もある。

あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月16日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。