【神奈川県:日本武尊・頼朝説も‼️】この地を流れる「かな川」の上流水源不明で「上(かみ)がない」口承が起源《47都道府県「地名の謎」》

【神奈川県:日本武尊・頼朝説も‼️】この地を流れる「かな川」の上流水源不明で「上(かみ)がない」口承が起源《47都道府県「地名の謎」》
       



 日本の地名は世界でも稀に見るほどバリエーションが豊富。
 地名の由来を探ると、多様な地形、自然を愛でる表現性、ふるさとを思う民俗性など、この国の原点が見えてくる。
 読者のみなさんの故郷はどちらですか? 地名は・・・?
 日本人ならなぜか初対面でも話が弾む出身地・県民性・そして地名雑学‼️
 ようこそ! 地名の奥深い世界へ‼️
 本日はみなさんとともに神奈川県「地名」の謎に迫ります。



■古代から明治に誕生した地名まで

地名の由来が諸説ある「逗子」。美しい海と景勝地に恵まれた関東有数のリゾート地だ。" />



《神奈川県の由来》この地を流れる「かな川」に起源

 県名の起源としては、この地を流れる川は水源がわからないことから、「上(かみ)がない川」と呼ばれ、それがいつしか「かな川」になったという説。



 また、日本武尊が東方へおもむく際、かかげた宝剣が上無川の川水に金色燦然と映ったことから、この地を「金川(かながわ)」と命名。 
 その後、源頼朝がその風光を賞し、これを神に大いに示すべきとしたことから「神大示川」、さらに「神奈川」に変化したという説などがある。



 慶応4年(1868年)には一時期、神奈川府が置かれていた。



《地名の由来》◉関内(かんない)関門の内側と外側

 桜木町から関内、石川町に至るまで、JRの線路に沿って今もある堀。
 安政6年(1859年)に横浜港を開港する際、幕府はその周囲を堀割と川で区切った。港への出入りに利用される橋に関門を設置したことから、その内側を「関内」、外側を「関外」と呼ぶようになったことに由来する。

あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月23日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。