【鬼滅の日】鬼畜米英に滅亡を約束された日——1941年11月26日「ハル・ノート」はデス・ノート? ジャパンの鬼は滅びニャイ!《今日はニャンの日》

【鬼滅の日】鬼畜米英に滅亡を約束された日——1941年11月26日「ハル・ノート」はデス・ノート? ジャパンの鬼は滅びニャイ!《今日はニャンの日》
       

 79年前の今日は1941年11月26日(日本時間11月27日)は大日本帝国が、アメリカという「鬼」に滅亡を約束された日なのだニャン。
 日本人だってあの戦争は「無謀だ」と知っていた!!!!!
 でも、厄介なのは・・・日本の敵は「日本人」同士だということに「気づいて」いたコーデル・ハルの知略にハメられたことだったのだ。



【鬼滅の日】鬼畜米英に滅亡を約束された日——1941年11月26日...の画像はこちら >>



■そもそもハル・ノートって無茶苦茶な要求だったのか⁉︎

「ハル・ノート」は高校日本史に登場するキーワードだ。



 平民ジャパンなら、おぼろげに覚えている。
 ABCD(アメリカ・イギリス・中国・オランダ)包囲網で詰められ、石油全面禁輸措置を受けた。
 ハル・ノートを突き付けられ、やむなく開戦を決意した。
 真珠湾を奇襲攻撃して太平洋戦争に突入、破竹の勢いで戦線を拡大した。
 それもつかの間、ミッドウェーで惨敗、ガダルカナルで餓死、硫黄島で玉砕、東京大空襲で首都壊滅に至る。
 沖縄では住民が火炎放射器に焼かれ、本土では子供に穴を掘らせて敵上陸に備えた。広島・長崎と原爆2個を投下され、天皇陛下のラジオ放送で終わった。
 マッカーサー閣下が来て、戦犯が裁かれ、日本は平和になりましたとさ、めでたし。



 絶対に受け入れ難い最後通牒、ハル・ノートって何だ。



 そんなに無茶苦茶な要求だったのか。
 いや、そんなことはない。
 一見、穏やかなものだ。



 中国とインドシナに展開する軍事行動を放棄し、ヒトラーと縁を切り、国際的枠組みで地域平和を実現しよう、というだけの話だ。
「ハル4原則」(注)には、アメリカの譲歩妥協と、双務的性格を見ることができる。


当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月26日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。