中国における「新型コロナウイルス阻止戦」の実態 ─感染への恐怖から経済へと移る中国人の関心─

中国における「新型コロナウイルス阻止戦」の実態 ─感染への恐怖から経済へと移る中国人の関心─
拡大する(全7枚)
写真・図表:BEST T!MES
2月中旬の北京市地下鉄の様子。■中国においてコロナの話はもう「古い」

 新型コロナウイルスによる肺炎が猛威を振るう中国ではいま、「準戦時」とも言うべき厳戒態勢が敷かれている。

 全土の交通インフラは現在もほぼ麻痺状態。人と人との接触は制限され、防疫用品も相変わらず足りていない。そこに情報統制が加わって、肝心な情報は隠されつつも様々なデマが飛び交うというカオスな状態が続いている。

 ところが、現在も中国国内で暮らしている身からすると、街ゆく人々の表情や巷の空気感は、海外のメディアで報じられるほど暗いものではないと感じる。むしろ武漢封鎖からまもなく1カ月が経とうとする今、中国では大騒ぎする段階を通り越し、人々の間には混乱に対する「慣れ」であったり、一部では「飽き」の感情すら生まれている。家に引きこもるのはもうたくさん、というわけだ。

 中国人の特性を表す言葉のひとつに「3分間熱度」というものがある。とことん熱しやすく、冷めやすい。ひとたび怒りや恐怖に囚われると爆発的なパワーを発するが、興味を失うのもまた早い。今回の新型肺炎はさすがに国を揺るがす大事件であるため、誰もが「コロナの話、もういいわ」と考えているわけではないが、中国国内の雰囲気は日本の人々が考える以上に落ち着いている。統制国家の面目躍如といったところである。

中国における「新型コロナウイルス阻止戦」の実態 ─感染への恐怖から経済へと移る中国人の関心─
中国では人々にマスクの着用を呼びかけるためのさまざまな宣伝活動。

 流行真っ只中の湖北省は別として、感染拡大がそれほど深刻でない地域では、むしろ人々の関心が徐々に経済へと移りつつある。果たして今回の事態でどれだけ多くの企業が潰れるのか、自分の勤め先は大丈夫なのか…。


この記事の画像

「中国における「新型コロナウイルス阻止戦」の実態 ─感染への恐怖から経済へと移る中国人の関心─」の画像1 「中国における「新型コロナウイルス阻止戦」の実態 ─感染への恐怖から経済へと移る中国人の関心─」の画像2 「中国における「新型コロナウイルス阻止戦」の実態 ─感染への恐怖から経済へと移る中国人の関心─」の画像3 「中国における「新型コロナウイルス阻止戦」の実態 ─感染への恐怖から経済へと移る中国人の関心─」の画像4
「中国における「新型コロナウイルス阻止戦」の実態 ─感染への恐怖から経済へと移る中国人の関心─」の画像5 「中国における「新型コロナウイルス阻止戦」の実態 ─感染への恐怖から経済へと移る中国人の関心─」の画像6 「中国における「新型コロナウイルス阻止戦」の実態 ─感染への恐怖から経済へと移る中国人の関心─」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク