75年前の今日、戦艦「大和」轟沈す【特攻当日】1945年4月7日

太平洋戦争最大の謎となる「天一号作戦」、「戦艦大和ノ最期」に迫る最終回。75年前の1945年4月7日、世界最大にして最強と言われた「大和」が海底に沈んだ。同時にそれは日本の敗戦を意味するものでもあった。「大和」最期の戦いを、戦艦大和の研究並びにコレクターとして第一人者の著者が、アメリカで入手した超精密写真と攻撃記録、生存者への十年来の聞き取り取材による証言により、永遠の謎といわれた戦艦大和の真実を遂に解き明かす。(原勝洋 編著『戦艦大和ノ最期』第9章・写真『戦艦大和建造秘録』より引用)■激しく正確だった日本海軍の対空砲火
75年前の今日、戦艦「大和」轟沈す【特攻当日】1945年4月7日

 米海軍雷撃法は、1つ目は高度2100メートル付近からレーダーで探知し、追尾距離7300メートル、気速300ノットで降下角度30度、投下照準点1400メートル付近で発射し、2つ目は高度600メートル、気速260ノット、降下角度30度、投下照準点1300メートル付近で発射するというものだった。

 小隊ごとの縦列陣をとっていた「エセックス」隊が攻撃を開始すると、「バターン」隊第47雷撃機中隊は単機の縦列隊を組んで突撃を始めた。8機の雷撃機は、4機ごとの波状攻撃で「大和」の右舷めがけて魚雷を投下した。搭乗員は「大和」に魚雷6本の命中を主張し、最低4本は確実と見積もられた。

 日本側の対空砲火は、激しく正確であった。

「エセックス」隊は、アベンジャー雷撃機11機とヘルダイバー急降下爆撃機5機がエンジンや翼に被弾、ヘルキャット戦闘機2機も損傷を受けた。しかし、負傷者や撃墜された機はなかった。「バターン」隊は、戦闘機3機と雷撃機1機が被弾し、その雷撃機の搭乗員1名が負傷、機体は破棄された。 「バンカーヒル」隊の第八四雷撃機中隊14機は機上レーダーで日本艦隊を追尾しながら、雲量八の密雲の中に穴を見つけて西方向に降下した。


あわせて読みたい

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月7日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。