旧村上ファンド、日本郵船と川崎汽船の経営統合を仕掛けるとの観測

 海運大手の川崎汽船が、社外取締役に筆頭株主の投資ファンド、エフィッシモ・キャピタル・マネージメントの内田龍平氏を選んだ。6月21日の定時株主総会で提案し、議決された。

 オリンパスが筆頭株主で「物言う株主」の米バリューアクト・キャピタルから取締役を受け入れたことを1月に発表し、川崎汽船は2社目。川崎汽船、オリンパスのような大企業が、物言う株主を取締役に受け入れるのは極めて珍しい。オリンパスは6月25日、株主総会を開き、バリューアクト・キャピタルのパートナーであるロバート・ヘイル氏の取締役就任の承認を受けた。

 エフィッシモには「旧村上ファンド出身者が設立した」という枕ことばが常について回る。同社は高坂卓志氏ら村上ファンド出身の若手3人が2006年、シンガポールで立ち上げた。

 エフィッシモは2015年、川崎汽船の株式を約6%取得し、大株主として登場。その後も着々と買い増し、16年には34.22%まで持ち株比率を引き上げた。ちなみに、3分の1超の株式を持つと、定款変更・合併など経営の重要事項を株主総会で拒否できる権限を持つことになる。

 川崎汽船が16年6月24日に開催した定時株主総会では、エフィッシモが村上英三社長(当時)の取締役再任に反対票を投じたため、村上氏の賛成率は56.88%と、薄氷を踏む思いでの再任となった。

 その後、川崎汽船はエフィッシモとの対話を進めた。翌17年6月の株主総会での村上社長の賛成率は97.29%へと急上昇した。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る 2019年7月8日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。