高校野球部員数、年9000人ペースで減少…子どもの野球離れが深刻

 8月は野球の季節だ。プロ野球では、ペナントレース優勝、あるいはクライマックスシリーズ進出をかけて、連日のように天下分け目の決戦が繰り広げられる。そして、8月6日には第101回全国高等学校野球選手権大会、いわゆる夏の甲子園が幕を開けた。大人も子どもも、野球に熱中する時期といえる。

 そんななか、勢いが止まらないのが埼玉西武ライオンズのホームランアーティスト・山川穂高選手だ。パ・リーグの本塁打王争いで独走を続ける山川選手は、8月4日のオリックス・バファローズ戦では京セラドーム大阪の5階席上の看板まで飛ばす超特大の32号本塁打を放ち、球界に衝撃を与えた。

 オールスターゲームでパ・リーグの四番打者を務めるなど、今や“パの顔”となった山川選手は、常々こう言っている。

「ホームランを打てば、その日ずっとハッピー」

 全打席で本塁打を狙う。自身の長所を最大限に生かした打撃スタイルを示す、シンプルでわかりやすい野球観だ。事実、山川選手はこのように考え始めてから、本塁打を量産している。

 セ・リーグに目を向けると、4連覇を狙う広島東洋カープのエース・大瀬良大地投手の「スポーツ哲学」が興味深い。「自分の身体能力の長・短所をきちんと把握しておくこと」――そうすることで、自らの長所をより生かしたトレーニングメニューを組むことができるようになるという。

中学・高校の野球人口は激減

 このように、厳しい世界で活躍を続けるアスリートの言葉には「耳を傾ける価値」がある。前述の2人以外にも、読売ジャイアンツの菅野智之投手、横浜DeNAベイスターズの山崎康晃投手、福岡ソフトバンクホークスの甲斐拓也捕手、中日ドラゴンズの平田良介選手、千葉ロッテマリーンズの福浦和也選手、阪神タイガースの福留孝介選手など、多くの現役選手がポジティブな言葉を発している。


当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ホームラン」に関する記事

「ホームラン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ホームラン」の記事

次に読みたい「ホームラン」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月9日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。